自爆営業

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自爆営業」の項目を執筆しています。

自爆営業(じばくえいぎょう)とは、自分の命を盾にして物品売り込みや契約履行を迫る行為。特定商取引法及び労働基準法で禁止されているが、大きな効果が上がるとして現在も多く行われている。

概要[編集]

元々は第二次世界大戦のさ中、帝国陸軍で使われていた隠語の一つ。いわゆる特攻を指すものだが、機密保安の為この言い方が用いられていたとされている。この場合は特攻機に搭乗して敵艦或いは敵拠点に体当たりし「自爆」する為自爆営業者はほぼ落命するが、戦後になると「自爆する覚悟で」もしくは「身体に爆弾をくくりつけて」仕事に望む事を指しての使用が一般化した。

例えば業務契約を確保するために「契約に応じなければ、社屋諸とも爆死する」と迫ったり、発注数が一定値を下回ったら抗議の自爆をすると公言するなど、生命を度外視して相手への損害をちらつかせる事で譲歩を引き出す[1]目的で行われる事が多い。ただし逆に、自爆営業を受けた腹いせとして相手が報復自爆に及ぶ場合もある[2]

営業以外での自爆営業類型行為[編集]

いわゆる「職務としての営業」以外では、人間関係が拗れた際に行われる事も多い。一方が関係進展に消極的な場合に自爆をちらつかせて譲歩を迫る、また関係解消を防ぐ/推進する意図で同様に譲歩を迫るケースが一般的。これらの場合は自爆用の機材を用意しないまま、交渉を有利にする手段の一つとして自爆を仄めかすだけで実際には行わない事が多いものの、引っ込みが付かなくなって暖房器具に使用する灯油や車のガソリンで自爆してしまう事もあるため注意が必要である。

ただしこの手法は相手にとって自分が/自分にとって相手が、「自爆されては困る存在」でなければ成立しない。自爆を仄めかしても態度が変化しない場合、別の一手が求められる。

脚注[編集]

  1. ^ 2010年代以降中国では、チベット人僧侶による抗議の焼身自殺が流行しているが、これも自爆営業の一種である。
  2. ^
    Wikipedia
    ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊田商事会長刺殺事件」の項目を執筆しています。
    1985年の豊田商事襲撃事件では、自爆営業により大きな損害を被った男性が銃剣を持って当時の永野会長を襲撃し、刺殺に及んでいる。

関連項目[編集]

この項目「自爆営業」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)