指輪

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「指輪」の項目を執筆しています。

指輪(ゆびわ)とは、を材料として作った輪っかである。古来より世界中の各地で食用されているほか、装飾品としても用いられている。

指輪の作り方と種類[編集]

指輪は主に、を材料として作る。を鋸や鉈などで切り落とし、を適切に砕いた上で、指先(側)と切り口を縫合することで、輪っか状に加工する。人体の構造上、ある程度の長さを持つ中指、人差し指、薬指が指輪の材料に向いている。作りたての指輪は、まだ皮膚や筋肉が多量の水分を含み、柔らかさを保っているため、しばしば生指輪と呼ばれる。

しかし、最も一般的なのは、輪っか状に加工した指輪を数週間程度、日陰で乾燥させたものである。これらは「ドライ指輪」や「乾燥指輪」、あるいは単に「指輪」と呼ばれる。生指輪は水分が多く、腐敗しやすい。このため作り終えてからただちに食する必要がある。一方でドライ指輪は水分の含有量が少なく、良好な環境で保存すれば、500年から1000年程度はその状態を保てる。

そのまま食べるだけでなく、サラダのトッピングや、パンの付け合わせにもよく用いられている。指輪の味は淡白だが、強い旨味を持っているため、アルコール飲料との相性もいい。このため、バーや、日本の居酒屋でも人気メニューである。

フィンガーリングについて[編集]

古代では、作りたての指輪をすぐに食べたり、食料庫に保存しておき、常備菜や非常食として用いるのが一般的であった。しかし現代では、各国で食文化が発達するとともに、指輪に衣を付けて高温の油で揚げた「フィンガーリング」も人気を博するようになる。

フィンガーリングは、しばしば「オニオンリング」や「イカリング」とその類似性が指摘され、同一の文化圏を発祥としていると分析されてもいるが、実際のところ、事実は判明していない。一説によれば、1930年代に活躍したとある料理人が、作ったばかりの指輪を、輪切りにしたイカと取り違えてしまい、偶然生まれたのがフィンガーリングであるという。

装飾品としての指輪[編集]

指輪は食用される一方で、装飾品として用いられることもある。その際、十分に乾燥させた指輪の表面に細かな彫刻を施したり、ダイヤモンドルビーといった鉱物(宝石)を嵌め込むなどして、装飾性を持たせた上で、指に装着することが一般的である。

指輪は古代から副葬品としても珍重されていたことが、複数の考古学者の研究によって明らかになっている。実際に、しばしば各国の大型墓跡から、王女といった社会的身分の高い人物の遺体と共に、大量の指輪が出土している。

このことから指輪は、古代より、単に食文化のひとつとして発達していただけでなく、「身体の一部を切り落として相手に渡す」という最大級の献上の意味合いも含んでいたと分析される。

関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「指輪」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)