利用者:i10

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


Ito's NEET Camp!!
Ito's NEET Camp!! ロゴ ver.3

いとーず・ニート・キャンプ(INC)へようこそッ!

諸君の入隊を歓迎するッ!

35歳までのたった数年間の集中エクササイズで

貴様たちを一端のニーターに鍛え上げてやるッ!

入隊許可宣言文(現役ニート版[1]) by INC隊長(`・ω・´)ゝ ※ビリーズブートキャンプ及びウォーケンズブートキャンプ(ニコニコ動画より、02:08から)のオマージュ

結成経緯と以降の活動[編集]

結成年となる当時2007年、7月から9月にかけて放映されたアニメ版 School Days、10月から翌年4月にかけて放映されたアニメ版 逆境無頼カイジによる影響[2]を受けて一部仲間内で「伊藤=クズ」[3]という偏見が生じた。そのため、「働きたくないでござる」発言等の自虐、また、名称(Ito's NEET Camp!!)・入隊許可宣言文の由来にもなる当時プレイしていた某・恋愛アドベンチャーゲームのファンディスク(同年8月リリース)の作中におけるウォーケンズブートキャンプ(ニコニコ動画より、02:08から)に絡み、日本国内・社会におけるニートの「存在がポジティブな意味で容認されること」「社会的地位の向上と確立」を掲げ、結成に至った。

学生時代には前述の一部仲間内でのドロップアウト予備軍や卒業後就職先難民予備軍の者に対して入隊許可書を交付したりしなかったり細々と形式的入隊者を増やしていった。

経済的事情もありやむなく隊長自身は新卒入社・就職した後には、前述に加え、主に次の転職先が決まっていない退職予定者(職場や業務の上で知り合った知人、元同僚)に対して入隊許可書を交付したりしなかったり細々と継続的に形式的入隊者を増やしていった。

結成10周年の節目となる2017年には、体調(精神面)を持ち崩し、奇しくも隊長自らリアル・ニートとなり、只今、数年間の集中エクササイズでニーターになるべく鍛え上げ中である。

ロゴ[編集]

Ito's NEET Camp!! ロゴ ver.1

結成当初のロゴ(ver.1 とする)は白地に青(紺)帯の2色旗(PC版では右記、モバイル版では上記の通り)であった。

伊ロゴ[4]

第二版(ver.2)から背景が伊藤の「伊」に掛けてイタリア国旗(トリコローレ)をモチーフにした4色旗となった。ただし、赤と緑はそれぞれ加法混合の原色だったため厳密にはイタリア国旗(トリコローレ)を再現していない。また、これ(第二版INCロゴ)をもとにイタリア国旗(トリコローレ)を再現し、また、旧・イタリア王国国旗をモチーフにした「伊ロゴ」(PC版では右記、モバイル版では上記の通り)が後発で出来上がった。

冒頭の第三版(ver.3)(現行版)では前述の「伊ロゴ」から逆輸入する形で、旧・イタリア王国国旗をモチーフにした配色のものとなった。

用語、キャッチフレーズ[編集]

ToDo[編集]

  • 入隊許可書書式更新(冒頭ロゴ(ver.3)への差し替え、結成年(since 2007)付加)、3種類「学生版」「社会人版」「現役ニート版」に分化 -> PDF化 -> アップロード
  • 各種拠点記載

脚注[編集]

  1. ^ 現役ニート版での「(前略)35歳までのたった数年間の集中エクササイズで(後略)」は、初版(学生版)「(前略)卒業までのたった数年間の集中エクササイズで(後略)」、第2版(社会人版)「(前略)退職までのたった数年間の集中エクササイズで(後略)」といったバリエーションがある
  2. ^ 主人公がともに「伊藤」姓: 伊藤 誠伊藤 開司(カイジ)
  3. ^ カイジは中盤から終盤にかけて英雄的扱いをされていたが、放映当初(番組開始時の2007年時点)ではクズ・キャラのイメージが強かった
  4. ^ 伊藤の「伊」とイタリアの当て字である伊太利亜の「伊」を掛けた、旧・イタリア王国国旗をモチーフにしたオリジナル・ロゴ
  5. ^ というか本人
  6. ^ 「M」から「N」へ位置的・アルファベット的に前に
  7. ^ 「B」から「C」へ位置的・アルファベット的に後ろに
  8. ^ H←I, A←B, L←M / IBMより一歩先行くコンピュータを意味させている