V発音信者

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「V発音信者」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

V発音信者(ブイおんはつおんしんじゃ)とは、クレジットカードの国際ブランドとして有名な、VISAカードの「V」の音をあえてV発音で発音し、「ビザカード」という者にいちいち『「ビザ」じゃなくて「ヴィザ」だ!』と説教をしなければ気が済まないクレーマーを指す語が語源で、転じてどうでもいい細かいことを一々グダグダという人物のことを指すこともある。

Vの正確な発音についてやかましいため、自分たちのことも「ぶいはつおんしんじゃ」ではなく「ヴィーはつおんしんじゃ」と呼ぶべきであると主張している。でも、誰も気にしない

概要[編集]

V発音信者とは「V」の発音になんらかの執念を抱いている人達のことである。

(それが転じて、最近では一々細かいことをグダグダ言う人物のことを指すこともある。)


日本語では長らく「B」の音と「V」の音を区別する事がなく、外来語で「V」が使われている場合はバ行と見なして発音する習慣があった。しかし、一部のV発音信者たちはこの点について納得せず、「」と言う文字を考案してこの文字を当てるよう主張した。

しかし、それがいつの間にか目的になってしまい、闇雲にクレームを付けまくるようになったのが今日のV発音信者である。

ちなみに、日本語だけでなくスペイン語中国語朝鮮語など、「B」の音と「V」の音を区別しない言語は幾つかあるが、日本以外でここまで執着している気違いのいる国は存在しないのが実情である。

また、そのような主張をするV発音信者の日本人でさえ、「R」の音と「L」の音を区別しようとしないため、群馬県桐生市出身者は自分の出身地を述べるときに「Kiryuu」を「Kill you!」と聞こえるような発音をしてしまい射殺されかかるのである。なお、朝鮮語も日本語同様「R」の音と「L」の音を区別しないが、桐生と言う地名がないため助かっているニダ。

V発音への対応[編集]

V発音信者はV以外の発音を正しくできないので、「DC VISA」等を掲示して 「これ、なんでよむの?」 と聞くと 「でぃーしーヴィザ」 と答えるので、その隙をついて 「あれ?ディースィーヴィザじゃないの?」 と聞くと相手はおろおろするので有効である。

また、スペイン語の単語を綴らせるのも効果的である。例えば、バルセロナ航空会社であるVuelingをカタカナで書かせて、「エリング」と書いてきたら直ちにm9(^Д^)プギャーしてあげよう (概要で述べた通り、スペイン語も「v」と「b」を区別しない)。

V発音信者の妄言[編集]

  • ライブじゃない、ライだ。
  • バージョンじゃない、ヴァージョンだ。
  • のび太じゃない、ノヴィ太だ。イタリアでは実際にそう書くぞ!
  • バカタレじゃない、ヴァカタレだ。フィジーでは政治家の苗字だぞ!
  • エバンゲリオンやエバン下痢オンじゃない。エヴァンゲリオンだ!
  • インタビューじゃないインタヴューだ
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
適当に頑張ってくれる人はいますが誰も気にしない。(Portal:スタブ)

関連リンク[編集]