Uncyclopedia:安易に魔女と呼ばない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

君たちは学生時代、西洋史の授業で魔女狩りについて勉強したと思う。コミュニティの被害妄想によって多くの人々[1]が冤罪で処刑された忌まわしき過去を覚えているだろう。もし当時、彼らに愛と理性があれば、これらの罪なき命は救われたかも知れない。そして、救われた命がコミュニティに多大な貢献をする可能性は、十分にあっただろう。

私たちは、歴史から学ばなければならない。過ちを繰り返してはならない。

人の数だけ価値観が存在し、彼(女)らのそれ(主にユーモアのセンス)が私たちのコミュニティにそぐわないことも多々あるだろう。しかし、それを性急に「荒らし」と断定してコミュニティから追放してしまうのは、それこそエスプリとユーモアをこよなく愛したオスカー・ワイルドの末裔を自負するアンサイクロペディアンにはふさわしくない行為であり、魔女狩りと同じ過ちを繰り返す愚挙に他ならない。

問題ユーザーの何が問題なのか、それを解決することはできないか。困ったヤツを排除するより、いいヤツに生まれ変わった[2]そいつと一緒に互いを高め合った方がコミュニティにとってはるかに有益である。もちろん、中にはどうしようもない、悪意をもったユーザーも確かにいる。[3]しかし、無知ゆえに犯してしまった初心者の小さな過ちを丁寧に教え導くことは、次世代のコミュニティを担ってくれる人材[4]を育てる結果につながる筈だ。

私たちは一時の疑心暗鬼から、性急に次世代の可能性を摘み取ってしまう愚を厳に慎まねばならない。

脚注[編集]

  1. ^ 魔女は男にも化けると言われ、男性も嫌疑をかけられることがあった。
  2. ^ もちろん、生まれ変わらせるために費やされる手間が膨大であることは言うまでもない
  3. ^ 露骨な破壊行為、悪質な違反行為を繰り返す者については、ルールに則って厳正に処断すべきである。
  4. ^ たとえ全てが実らないとしても、末永い繁栄のために種蒔きは常に必要である。

関連項目[編集]