UnNews:鳥越俊太郎氏、過度なキャッシュレス化に警鐘を鳴らす

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ジャーナリスト鳥越俊太郎氏(93歳)が、キャッシュレス化が進む日本の現状について「我々のような戦前世代は現金でないと落ち着かない。電子マネーアベ政権に、戦争のための資金として不正利用されそうだし」と、現金への回帰を訴えた。

また、便利さや効率を過度に重視し、人々の心の交流が失われている現状を嘆き、「(キャッシュレス化は)確かに便利だけれど、レジで直接、お釣りを渡してもらって、『(の硬貨は)重いですよね』、『最近、年取って力がなくなったのか、(石の)お金は持ちだすのが大変でね』、『(石の硬貨は嵩張るけど)置く場所あります?』みたいな会話があるほうが、生活が明るくなるでしょ」、「やはり一番落ち着くのは、戦前から使っていたや石の硬貨だ」などと述べたことから、現代のテクノロジーの進歩の激しさに痴呆を発症している疑惑も露呈した。

なお、最近取材で訪れた中国の状況については「あちらではデパートコンビニはもちろん、小さな雑貨店のようなお店までお金を払わなくても、日本では見たこともないカードみたいなものを出すだけで商品を持っていき放題。私は日本の生活が長くて資本主義に毒されてしまったのか、困ってしまった。やはり共産主義は人々が互いを信頼し合っている素晴らしい理想郷でした。そうした変化のスピードには驚くばかりです」と絶賛した。

鳥越俊太郎氏「電子マネー」断固拒否 JCASTニュース

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ