UnNews:首都圏で消費が活発化、景気浮揚の前兆か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2011年3月17日配信】

ここにきて日本経済が上向くと思われる現象が起きている。ガソリンは一リットル150円に迫る高値圏にありながら、ガソリンスタンドには長蛇の列ができており、首都圏のガソリンスタンドでは売り切れが相次いでいる。長蛇の列の中には配送業者と思われるトラックが多いが、中にはベンツや軽自動車が並んでいた。

首都圏各地で実用性がないと思われる、うがい薬と昆布が飛ぶように売れている。ネットで新たなブームが起きているのが原因だが、真意のほどは確認できていない。

パン、飲用水、トイレットペーパー、カップ麺などがスーパーなどの小売店で飛ぶように売れ、棚に商品がない状態が続いている。不思議なことに飲用水はなかったが、お茶は余っていた。この状態がいつまで続くかは不明だ。

「地震が起きたらみんなうんこしたなるん?」
トイレットペーパーの不足 について、小学校低学年

この事態に政府は抑え込みに必死だ。蓮舫大臣や寝ていないと評判の枝野官房長官が物を買わないように必死に呼びかけているが、この流れは抑えがたく消費は過熱している。

「物がなくて困るわぁ~。あっ!新型インフルエンザの時のマスクが余っていたわ!」
「物不足」 について、おばちゃん

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ