UnNews:食料品の全量検査実施へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2011年8月27日 ブードリンクニュース】

政府主導で、10月からコメや肉などの食料品全てに対して残留放射線の全量検査を行うことが27日、分かった。

福島第一原発事故に端を発する一連の放射能問題に対して、反原発急進派の人達を中心に「被災地の人達は農業するな」「食品は例外なく全量検査しろ」という声が多く上がっており、それがエスカレートして「アンパンマンカレーに残留放射線が大量にある」というデマをツイッターを通じて流すなど、実力行使に及ぶようになっていた。

そのような中で厚生労働省は24日に食品の放射能汚染に関して「抜き打ち検査」を行う方針を発表したが、全量検査を求める彼等は満足せず、今度は「外資系保険会社がガン保険の売り止めに走っている」といったデマを流す行為に及んでおり、さらにそれらのデマゴギーに対して苦言を呈する人達に対しては「ネットにしか真実は無い。不安解消のために行動しているんだから黙れ」と開き直るなど、事態改善の様子が見られない。

また、別に起きたユッケ事件にも足を引っ張られている外食産業からは「いくら安全ですと言っても『全量検査してないからねえ。どうせ検査に通らなかったモノを安全なモノと混ぜ込んでるんでしょ?』と信用してくれない人達が居る。このままでは商売にならない。何とかしてくれ」という陳情の声が多く上がっている。

以上の背景より、このままではイギリスのように暴動が起きかねないと判断した政府は、反原発急進派の溜飲を下ろさせる究極の残留放射能対策を行うことを検討。27日の臨時閣議の中で菅直人首相が「一度彼等が求めるように全量検査をやってみればいいんじゃないか。どうせその時俺辞めてるけど」と発案し、他の閣僚も「たまには言うこと聞いてあげよう」とその場で同意したという。

全量検査は以下のように行われる。

  • 対象はコメ・肉・魚・野菜といった食料品全て
  • 「後から基準超過物を混ぜている」という反論を避けるため、検査は産地に関係なく実施。輸入食品も検査対象とする。
  • 「表面検査だけでは内側に残留している放射能を見逃してしまう」という反論を避けるため、食品を粉々に粉砕して1粒ずつ検査する。水分の多い野菜や魚介類はすりつぶした後乾燥させて検査する。

特に3点目がポイントで、「ここまでやれば誰にも文句は言われないだろう。本当は分子レベルまで分解してから検査したいけどね」と菅首相は自信を見せている。

これまでのサンプリング検査から大幅強化される「全量粉末レベル検査」であるが、もちろん副作用もある。

検査のために粉砕されたコメ

全量検査を通過した時点で各食品は粉々に粉砕されているため、いわゆる「取れたて」の状態で食品を店頭に陳列させることが出来ない。粒がキラキラ輝く白米も、秋の味覚である秋刀魚や大根も、霜降りが美味しそうな松坂牛も粉末の状態で流通することになる。

これでは料理しづらくなってしまうため、流通過程で蒲鉾などの「練り物」や米粉パンなどの「焼き物」に加工する仕組みを設けることも検討の遡上に上がったが、「加工段階で基準違反モノと混ぜ込まれている、と言い出す連中が絶対居る」という指摘があり、あえて粉末の状態でスーパー・八百屋・魚屋・肉屋などの各店舗で販売させる方針も決定した。

また粉末状の食品ではなく「固形物を食べたい」という人達が外国から食料品を持ち込もうとしてしまうことも予想されるため、成田空港などの国際空港に「食料品探知ゲート」を設置する。食料品を海外から持ち込もうとしたことが発覚した場合、「ソビエトロシアでは、食品があなたを輸入する!」と声をかけた上でロシアに島流しさせる方針である。

この政策は早ければ10月から実施される。その場合、現在の固形物食料品の在庫が無くなり始める11月あたりから「九州産タマネギ粉末」「山形産つや姫粉末」「北海道産ジャガイモ粉末」「オージービーフ粉末」などの新商品が店頭に並べられることになる。また外食店では「生野菜サラダ」が「粉野菜サラダ」に、「刺身盛り合わせ」が「魚粉盛り合わせ」に切り替わって販売される見込みである。

なお、この究極と言える全量検査を「エクストリーム・全量検査」と名づけてエクストリームスポーツにエントリーするべく動くようにとも菅首相から指示があり、特許庁の官僚が「バカじゃねーのこの人。もうすぐ居なくなるからいいけど」と頭を抱えながら話を無かったことにする手続きを始めている模様だ。

関連リンク[編集]


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ