UnNews:野田氏首相就任でジョークサイト困惑

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2011年8月30日 0:20 嫁売新聞】

菅直人首相の機能停止が間近に迫り、野田佳彦財務相の首相就任が確実になったことで、各種ジョークサイトが困惑している。

まずはQCD全て揃ったネタ提供に定評があり、ジョークサイト第一人者である虚構新聞。こちらは28日の世界陸上でウサイン・ボルトが失格になった後半日も経たずに新ネタを提供し、時事ネタへの相変わらずのハイレスポンスを見せつけたばかりだが、今回の野田佳彦氏の首相就任については30日0:00時点でまだネタを提供する気配が見られない。

一方サイトの重さに定評があるアンサイクロペディアでは、あるニュース記者からこのような嘆きが聞こえてきた。

野田氏はネタにしづらい。スキャンダルは某ブラック企業から献金を受けていたことが一応あるにはあるが、アンサイでネタにするには些細過ぎる。また前職の菅直人や前々職の鳩ポッポは行動や言動がことごとくボケていたのでネタにしやすかったが、『演説の野田』とまで言われる野田氏ではそういう攻め方もし辛い。
又吉イエス氏が地獄の業火に引き摺り下ろす人物である海江田氏が1回目の投票の勢いのまま勝っていれば、泣き虫ネタとか小沢関連ネタ、場合によっては小沢派の落選議員が絡んでいるバードカフェネタで攻めることが出来たが、それも出来ない。
せめて下半身スキャンダルでも出てくればまた話が違ってくるのだが。顔ネタという手も考えたが、ガダルカナル・タカ似というだけではネタとして弱い…」

このように、今回の民主党総裁選はジョークサイトにとっては「残念」な結果に終わってしまったが、まだ望みは残っている。例えば以下のような行動を野田氏に行ってもらうことだ。

突然ぶち切れる
所信表明演説中に叫びだしたり、あの「バカヤロー解散」のようなインパクトのある行動に出れば、ジョークサイトの中の人達から「意外とやるなこの人!」と喝采を浴び、ネタが作られる回数も増えるかも知れない。
カルト宗教・マルチ商法に手を出す
政治献金程度ならあまり驚かないが、この2つのどちらかに手を出した場合は、一気に野田氏がブラックジョークの巣窟と化すだろう。創…いや何でもない。
変態番付入幕クラスのパフォーマンス敢行
「演説中に突然女子用スクール水着に着替えて放尿」あたりが入幕の基準か。仮に現役首相の入幕となれば世界初となる。その偉業はあらゆるジョークサイトの歴史に残るだろう。
痴漢で現行犯逮捕
変態番付クラスの偉業を行わなくても、テレビカメラのあるところで受付のおねえちゃんのスカートの下に手鏡を差し出せばインパクトは十分。2代目ミラーマンの称号を与えられ、その功績はジョークサイトのネタと言う形で長く語り続けられるだろう。
不倫・ヅラのダブル発覚
不倫だけならありきたりだし、ヅラだけでも元がインパクトに欠けるので「ふーん」で終わってしまう。しかしヅラ・不倫連合軍になるとインパクトは抜群。あの原子力安全・保安院のN山審議官のように、mixiでコミュニティが出来るレベルのカルト人気を得られ、ジョークサイト側は我を争ってネタを作るようになるかも知れない。
ツイッターで右往左往
ツイッターに手を出して、孫正義のように怪情報ツイートに対して「えっ?」と一言非公式RTする等して各種デマの拡散に寄与すれば、一気に情弱き民への仲間入りを果たす。その後はどれだけ演説でもっともらしい事を言っても「バカ発見器で検出されたバカの喚き」としか見られなくなってしまい、「バ菅」「鳩ぽっぽ」に続き「野駄」または「野ダメカンタービレ」という称号でジョークサイトにネタが掲載される事になるだろう。

このうちどれかを達成してほしい…とは一切思わないが、「ネタにし辛い人」という前評判を覆すような斜め上の活躍を野田氏には期待する。

関連ニュース[編集]

~アンサイクロペディアに愛された菅直人氏を偲んで~

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ