UnNews:議会で女性軽視のヤジ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【佐渡新聞 2014年6月29日配信】

少子高齢化に悩む鳥議会(ちょうぎかい)で女性軽視のヤジが飛んでいたことが分かった。

取材によると、野次を飛ばされたのはトキ党Sadoの「シオムラ」議員。シオムラ議員がトキも安心して出産育児に取り組める仕組み作りなどについて質問をしていたところ、鳥議会で最大の議席を誇るカラス党方面から「自分が早く結婚すればいいんじゃないか」「産めないのか」とのヤジが飛んだという。シオムラ議員はその後も質問を続けたが、「それは先生の努力次第」といった野次が飛んだあとについに声が詰まり、何とか質問を終えたという。

ヤジが飛んだ直後の議会は笑いが起き、知事も笑みを浮かべたという。このヤジについてシオムラ議員は140文字でメッセージを投稿する青い色の鳥が特徴的なトリッターで報告すると10万近いリトリートされたという。

シオムラ議員は我々の取材に対し「トキの人口は百人単位しかいないのにこういうことを言われて悲しい。産めないトキもいる」とコメント。また、このヤジに対してトキ党はもちろんほかの党も含めて20羽ほどで議長に抗議文が提出された。ヤジが飛ばされた近くにいたカラス党「スズキ」議員はマスコミに質問され、「寝耳に水」「発言した議員は鳥議員を辞めるべきだ」と答えた。

現在、発言者は名乗り出ていない。このセクハラともとれる発言は海を渡りアメリカの鳥議会でも話題になり、シオムラ氏が会見を開く予定もある。国際問題になる可能性もあり、一刻も早い発言者の特定が望まれる。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ