UnNews:聖徳太子、憲法改正反対を表明

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2017年5月14日配信】記者:真取健

聖徳太子(574年-622年)は14日、青森県・恐山の霊媒師(イタコ)の降霊術(口寄せ)によって降霊し、現在国会で議論されている憲法9条の改正議論について「余が定めた憲法を変えるなどけしからぬ」と語り、憲法改正に反対の立場を表明した。

聖徳太子が定めた十七条の憲法は、官僚や貴族に対する道徳的な規範が示されており、そのうち9条では「真心は人の道の根本である」と説いている。聖徳太子はさらに「真心なき政(まつりごと)は政に非ず」と断じ、現政権の対応を批判した。

今回の聖徳太子の発言は、今後の国会で論議を呼びそうだ。


▽十七条憲法9条

  • 日本書紀の記述 - 九曰、信是義本。毎事有信。其善悪成敗、要在于信。群臣共信、何事不成。群臣无信、萬事悉敗。
  • 現代語訳 - 九にいう。真心は人の道の根本である。何事にも真心がなければいけない。事の善し悪しや成否は、すべて真心のあるなしにかかっている。官吏たちに真心があるならば、何事も達成できるだろう。群臣に真心がないなら、どんなこともみな失敗するだろう。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 十七条の憲法(じゅうしちじょうのけんぽう)-現代語訳付き


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ

このページは Chakuwiki由来のコンテンツを利用しています。もとの記事はNews:聖徳太子、憲法改正反対を表明にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。