UnNews:福田首相、闘病のため四川省へ帰郷

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【東京=折田千枝乃】本日午後9時半より首相官邸で開かれた記者会見で、福田康夫内閣総理大臣自慰を表明した上で、かねてから持病と化していた空気解読障害の悪化のため、第二の故郷といえる中華人民共和国四川省への帰郷を表明した。

記者会見によると、福田首相はここ数日ようやく自身が重度の空気解読障害患者であることを、自民党麻生太郎幹事長に「総理はKYだ。だがそれがいい。」と言われたことにより自覚。ここ数年韓国人女性家庭教師より親身なサポートを受けている民主党党首小沢一郎に対抗することを表明した。かつて英才教育を受けていた第二の故郷といえる中華人民共和国四川省へ帰郷した上で、ここ1年ほどレクチャーを受けていた緊急地震速報防災訓練によって得たノウハウを生かし、空気解読障害に対する最も効果的な治療法の一つである種々のボランティア活動を行うことにより快復に努める意向である。

首相は会見で「国会で何を決めるにしても空気は自身に反しているように感じられ、今は決して病では無いが今後安倍前総理のように潰れるわけにはいかない。」と相変わらず空気の解読に四苦八苦したが、最後には「今は国民の皆様にこれ以上迷惑をかけないまたとないタイミングであるという政治的判断をした。」と、快方へと向かうであろう一抹の希望も見られた。

質疑応答でも「政治的判断」という政治家にとっての空気解読障害に対する基礎的な処方が自らより何度もあてがわれた。これらに対して「一見すれば前総理の二番煎じであり仮病の治療であると思われたが、決してそうではない。国民の安心はまず自身の安心からという基本に立ち返るものである。」と、産経新聞は明日の産経紗で褒め称える予定であると言われている

また変態新聞記者は、内閣改造をしたのにも関わらず自慰をするに至ってしまった原因とは何かを質問し、「情勢の変化に適切に対応した結果」という福田首相の回答に対して、自分たちの今後の身の振る舞いに大いに参考とする所存であると感謝の意を伝えた。これに対して首相は「は自分自身を客観的に見ることが出来るのです。あなたとは違うんです。」と、改めて空気解読障害に対する闘病への揺るがぬ意志を示した。

2008年9月1日21時80分0秒 バ科ニュース

関連項目[編集]

関連ニュース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ