UnNews:消費増税時の軽減税率の適用拡大 ほぼ全産業に

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

自民党税調、公明党税調は会議を開き、公明党の選挙公約でもあった消費税軽減税率の適用に向けて協議し、ほぼ全産業に軽減税率の適用を拡大することを決めた。

低所得層への税負担が重くなるのを防ぐため、公明党は食料品などの生活必需品について軽減税率の適用を求めていた。

自民党は連立相手である公明党への配慮から、これをおおむね受け入れる方針だ。また、15日には日本新聞協会が、新聞書籍雑誌電子媒体に対して消費税の軽減税率の適用を求める声明「知識には軽減税率の適用を」を公表。これに音楽業界、映像レンタルビデオ業界が便乗した。自民党内でも、住宅自動車など、高額で裾野の広い産業については軽減税率の適用を検討していたこともあり、家電メーカーや事務用機器業界が高額の政治献金で軽減税率の適用を勝ち取るなど、軽減税率摘要があたかもエクストリーム・スポーツであるかのような献金合戦が開始。自民党は、電気料金の値上げ阻止を持論とする石原慎太郎氏率いる日本維新の会との参議院選挙協力の手ごまとしてエネルギー産業にも適用を決定。外食産業もノーパンしゃぶしゃぶの再開などのなりふり構わない接待漬けで政治家を籠絡、ついに政府はほぼ全産業について軽減税率の適用を行うことに決めた。

日本経済新聞社による主要産業分類における軽減税率適用状況
鉄鋼・非鉄 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
石油 低所得層向け税負担の増加を避けるため軽減税率の適用を政府決定
電力 日本維新の会との選挙協力カードとして軽減税率の適用を政府決定
化学 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
建設・セメント 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
マンション・住宅 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
紙・パルプ 知識への課税強化を避けるため軽減税率の適用を政府決定
繊維・アパレル 低所得層向け税負担の増加を避けるため軽減税率の適用を政府決定
プラント・造船 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
産業・工作機械 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
電子部品・半導体 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
情報 知識への課税強化を避けるため軽減税率の適用を政府決定
通信 知識への課税強化を避けるため軽減税率の適用を政府決定
家電 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
自動車 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
精密機械 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
食品・飲料 低所得層向け税負担の増加を避けるため軽減税率の適用を政府決定
医薬 元々非課税
貨物輸送 関連産業の裾野の広さから軽減税率の適用を政府決定
リース 金融取引(非課税)と、精密機械(軽減税率適用決定)により影響なし
百貨店 食品とアパレルが軽減税率適用のため、影響なし
スーパー 食品が軽減税率適用のため、影響なし
コンビニエンスストア 食品が軽減税率適用のため、影響なし
ドラッグストア 医薬(非課税)と食品(公明党の意向)により影響なし
ネットサービス 知識への課税強化を避けるため軽減税率の適用を政府決定
外食 接待攻勢で軽減税率の適用を政府決定
旅行・ホテル 外食産業と合同での接待攻勢で軽減税率の適用を政府決定
アミューズメント パチンコ業界の政治献金で軽減税率の適用を政府決定
広告 外食産業と合同での接待攻勢で軽減税率の適用を政府決定
人材派遣 雇用の促進に向けて軽減税率の適用を政府決定


十大バ科ニュース

この記事は2013年十大バ科ニュースにて第八位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ