UnNews:横浜でネズミ異常増殖・APECの影響か?

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
※写真は本文とは関係ありません

神奈川県横浜市ネズミが異常増殖している。

本紙調べによると、横浜市のネズミは合計459万匹と、昨年同期比で50%も増加している事が判った。 理由は先週13・14日両日に行われたAPECの過剰警備によるものと見られている。

APECの警備では、尖閣諸島問題で緊張が続く中国から胡錦濤国家主席が、そのドサクサで北方領土を訪問したロシアからはメドベージェフ首相が、それぞれ参加しており、国家挙げての警備体制が敷かれていた。

警備は警視庁を含めて47都道府県の警察官が動員され、駅のコインロッカーや非透明式のゴミ箱が撤去されたほか、要人が到着する羽田空港や、APECが開催されたみなとみらい地区は陸上はもとより海上からも封鎖され、厳戒態勢が敷かれた。

尖閣諸島問題で慎重な態度を示した与党の配慮は警備でも如何なく発揮され、今回は犬や猫を同地区は元より横浜市から徹底的に排除、野や野良を徹底的に駆除したほか、飼い犬や飼い猫も東京都と神奈川県から“疎開”させるという、政権運営そのままの後先考えない行動を取った事から、APEC終了後も猫が同地区に戻ることなく、ネズミが繁殖したものだ。

菅政権では、尖閣諸島での漁船衝突をめぐるビデオがYouTubeに流出したばかり。菅政権の政権運営とヨミの甘さが改めて露呈した格好だ。


○動物兵器 - 犬については第二次世界大戦中旧ソビエトが旧ドイツ戦において対戦車兵器(地雷)として、猫については1960年代にCIAが盗聴目的で使用を研究された事が、それぞれ知られている。

政府要人の声[編集]

菅直人総理大臣:「なりゆきを慎重に見守りたいと考えている」

仙谷由人官房長官:「しかるべき事実関係を調査の後、中国様に御説明申し上げる」

岡田克也幹事長:「小沢氏本人の意向を尊重したい」

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ