UnNews:小池百合子希望の党首、衆議院選挙の公約としてユリノミクスを発表

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

希望の党を結党した小池百合子東京都知事が来る衆議院選挙に向けて「ユリノミクス」と称した公約を発表した。

英語小水を意味するurineと自身の名である百合子、アベノミクス同様economicsをかけた言葉であり、元環境大臣として廃棄されている小水の徹底的な有効活用による日本経済の活性化を狙ったもの。

公約の骨子として、「小水力を利用した原発ゼロ」、「企業への課税強化による消費税増税の凍結」、「憲法の改正」を掲げる。

原発ゼロを含めた総合的エネルギー政策として、

と、かつてクールビズを提唱、普及させた自身の強みである環境対策を前面に押し出す。

また、消費税増税凍結については、

によって解決する方向性を示した。

なお、原発ゼロ以外にも12のゼロを提案。具体的には、

  • トイレの設置という基本的人権の制限に伴う憲法改正
  • トイレのフルオープン化による、すべてを白日の元に曝け出し、隠蔽を許さない、隠蔽ゼロ社会の構築
  • 企業献金を止めさせ、その資金で小水力発電所の建設を推進させる
  • 待機児童をゼロにすることで、家庭で消費されるおむつを行政が回収し、アンモニアを一元的に管理する体制を構築する
  • 一部DQN高校で横行しているトイレ内喫煙を撲滅し、受動喫煙のない社会を作り上げる
  • 満員電車対策により、電車内にトイレを設置し、小水力で電車を動かす省エネ社会の実現と、対応する車両の輸出による外貨の獲得
  • ペットの殺処分を止め、排泄物を有効利用することで、ヒトにも動物にも優しい社会を目指す
  • フードロスを削減するため、余った食料を受刑者に強制的に食べさせ、排泄物の量を嵩ましする。また、受刑者を太らせることで糖尿病にさせ、早期に死亡させることで行政の負担も軽減する
  • ブラック企業を倒産させ、余剰人員にトイレ掃除を命じることで雇用対策も行う
  • 花粉症患者をゼロにし、鼻水として排出されていた水分を小水に転換させ、小水力発電によるエネルギー革命を成し遂げる
  • 移動困難者にフレンドリーな社会を確立することで、おむつでアンモニアを回収するのではなく、小水力発電を一層推進する
  • 電柱をなくし、犬の小水も残さず利用する意欲的な目標を掲げる

なお、小池党首は都民ファーストの会代表でもあることから、アメリカファーストを掲げるトランプ大統領にユリノミクスについて尋ねると「ユリノミクスとやらでは企業の内部留保に課税するんだろ?つまり、日本企業は利益を出さずに毎年赤字を垂れ流せ、ってことだな。urine(尿)だけに」とアメリカンジョークで軽快にエールを送っていた。


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ