UnNews:安倍政権、夏休み「反省文の書き方」特別講座を開講

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【売読新聞 2015年8月11日配信】

この夏休みに正しい反省文の書き方を身につけてほしいと、主に小中学生を対象とした特別講座が、安倍政権によって開講されている。講座は8月14日まで実施される予定。

一緒に反省文を書こう![編集]

かつて教育現場では、子どもに反省文を書かせるということがしばしば行われてきたが、指導方針の変化などでその機会は減ってきており、一度も反省文を書いたことがない、という子供も多くなっている。そこで、この機会に正しい反省文の書き方を知ってもらおうと、安倍政権によって特別講座が開講されることとなった。講座の内容は、キーワードとなる単語の使い方などを逐一検討し、その意味などを考えながら反省文を書き上げるというもので、言葉の選択が文章に与える効果を理解し、高度な表現力を養ってもらおうという狙いがある。講座の内容は、各ニュース番組などを通して随時発信される。

また本講座では、参考として、先人達が書き上げた反省文が例文として紹介されている。これら先人が書いた文章の構成を理解し、自らの反省文に活用していくことも求められている。

言葉の重要性[編集]

この講座で特に重視されているのが「言葉の選択」の重要性である。とりわけ「おわび」「侵略」「反省」といった言葉の使用の是非については、何日もかけて詳細に検討し、視聴者とともにその意味を考えていこうという構成をとっている。また、その言葉を使用する理由、あるいは使用しない理由などを考えることも、講座の内容に含まれており、日本語への理解を深めるという点でも非常に意義深い講座であるとしている。失われてしまった美しい日本語を取り戻したい安倍政権は、高校生以上の人も本講座を積極的に受講してほしいと呼びかけている。

十大バ科ニュース

この記事は2015年十大バ科ニュースにて第八位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ