UnNews:大阪市内で、部活動の廃部が相次ぐ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

大阪市立桜宮高校で部活動の顧問による体罰で生徒が自殺したことを受け、大阪市教育委員会は市内全域の部活動の実態を緊急調査した。これによって、多数の体罰が常態化していたことが発覚。教育委員会は、問題のあった部活動を廃部にすることを決定した。また、異なる学校間においても同じような体罰の存在が明らかになったため、該当の部活動を市内全域で廃部とするよう、学校側を指導する方針。なおこの調査の際、動物虐待自然破壊などの問題行為も合わせて発見されたため、当該部活動も廃部処分が下った。

  • 剣道部:教諭が稽古の際に竹刀でを打つことが常態化していたため、体罰があったとして廃部。
  • 空手部:男子生徒に対して日常的に小突いたり蹴り飛ばすなどの体罰が行われていた。また、女子生徒に対しては胸を正拳で突くなど、セクハラも日常的に行われていた。
  • 柔道部:生徒が部活動のたびに投げ飛ばされ、畳にたたきつけられている痛ましい実態が明らかに。
  • 相撲部:生徒が張り手や投げを日常的に何十発も食らっている実態が判明。
  • 水泳部:男女問わず、学校側の指示で肌の露出が多く、かつ身体の線がくっきりとわかる格好をさせられ、精神的苦痛を与えられることを問題視。
  • 野球部:ノックの際に、コーチをする教諭が打ったボールがイレギュラーバウンドし、生徒に当たって怪我をする事例が少なくとも数件報告され、体罰の一種と判断された。
  • ラグビー部:教諭の指示で、倒れるはずのないポールに突撃させられ打撲傷や擦過傷を負ったという訴えがあり、言語道断と断じた。
  • 陸上部:夏の炎天下を延々と走らされる等、懲罰的行為が常態化していた模様。
  • テニス部:疲れてへたりこんだ生徒に、教諭の打球が直撃する事例があったことが生徒の証言でわかった。
  • バレーボール部:高い位置に陣取った教諭が打った球を、生徒が身体で受け止める行為など、体罰以外の何物でもない!
  • サッカー部:立ったままの生徒に向けてボールを蹴りこむ練習の存在が問題に。
  • バスケットボール部:そもそもの事件の発端のため、当然のように廃部処分。
  • プロレス研究会:「元気ですかー!」バチーーンッ!!
  • 茶道部:長時間、生徒に膝を曲げた状態でその上に腰掛けるという窮屈な姿勢を強要したことが判明。
  • 美術部:教諭がモデルになった生徒にほんの少しも動かないように指示するなど、人権侵害が公然と行われていたことが発覚。
  • 吹奏楽部:息を長時間吐き続けることを強要。また、他人の使った楽器を使わせて間接キスを迫る強制わいせつも行われていた。
  • 写真部:暗くジメジメした部屋に押し込まれ、体調不良を訴える生徒が出た。
  • 生物部:動物の体を切り刻むなどの虐待の実態が判明。
  • 華道部:植物を切り刻むなどの自然破壊が連日行われていることに、教育委員会も眉をひそめる程だった。
  • 帰宅部:学年カースト制度の下位にランクする生徒が頻繁にパシリに行かされていることが判明。

他にも上げればキリがない。こうした事態を重く見た教育委員会は、問題のあった部活動に解散を命じ、廃部とすることを決定した。体罰の撲滅につながるこの決定を橋下大阪市長は歓迎し、予算を予定通り執行することを示唆した。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ