UnNews:国会前デモ参加者12万人、スペース足りず肩車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【安西新聞】2015/8/31配信

9月30日、国会前にて安全保障法制廃案を訴えるデモ集会が行われた。主催者発表として12万人参加しており、国会前現地では通勤ラッシュ時の中央線を越える混雑となり、参加者が自身のスペースを確保し合うため最大四段からなる肩車の集団となってしまった。デモ主催者は「大規模動員を訴えたが参加者が多すぎて参加スペースが足りなかった、そのため肩車をする事によって三次元的にスペースを埋める事によってこれほどの大動員デモを実現させた」と胸を張ってインタビューに答えた。警察側は「大変危険な行為であり、すぐに中止を要請したが『公安は帰れ』と相手にされず止められなかった」と悲痛な表情を浮かべていた。一時は騎馬戦にまで行われ鉄柵を破壊してしまうというアクシデントも発生したが、奇跡的にけが人はゼロであった。

デモ参加者は解散時に「四段の肩車はとても不安定であり危険だったがやり遂げた、我々のチームワークを見せつけた」と満足げな笑みを浮かべていた。一部参加者は「肩車に必死でほとんどデモ活動が行えなかった」と残念そうにしていたものの、やり遂げた充足感に満足し国会前を去った。なお、12万もの人数が混雑なく現場から撤収する方法に関してイベント関係者などからデモ主催者に対して多数の講演依頼が殺到したが、主催者はこれを拒否している。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ