UnNews:中学生2人を消費税法違反容疑で逮捕

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2011年10月20日配信】

警視庁は20日、都内の公立中学校に通う中学3年生の男子生徒2人を消費税法違反(脱税)と店に対する威力業務妨害の容疑で逮捕した、と発表した。2人は「支払わなくてよいと思った」と容疑を否認している。

調べによると、男子生徒2人は今年3月から先月25日までに数回、複数の店舗で、支払うべき消費税(計525円相当)を支払わなかった疑いが持たれている。

関係者は取材に対し「これほどまでに大胆な手口を実行する人がいるとは驚きだ」と話していた。

その手口とは、

  1. 駄菓子屋で10円ガムと5円チョコを1つずつ購入(計15円相当、税0円
  2. その後再びレジに並び、10円ガムと5円チョコを1つずつ購入(計15円相当、税0円
  3. これを300回繰り返し、10円ガムと5円チョコを300個ずつ購入(計4500円相当、税0円
  4. 数日後、男子中学生の母親から近所のスーパーに牛肉(100g当たり500円)を300g買ってくるように依頼される
  5. そこで男子中学生2人は牛肉を3g購入(15円相当、税0円
  6. その後再びレジに並び、牛肉を3g購入(15円相当、税0円
  7. これを100回繰り返し、牛肉を300g購入(1500円相当、税0円
  8. さらに数日後、10円ガムと5円チョコをすべて消費したため、再び駄菓子屋で10円ガムと5円チョコを1つずつ購入(計15円相当、税0円
  9. その後再びレジに並び、10円ガムと5円チョコを1つずつ購入(計15円相当、税0円
  10. これを300回繰り返し、10円ガムと5円チョコを300個ずつ購入(計4500円相当、税0円

という、非常に悪質極まりないものとなっている。

その後、駄菓子屋の主人(85)から警察消防に通報があり、男子生徒2人を「何度もレジに並び、店の主人に対し過度な負担を掛けさせた」などとして威力業務妨害の疑いで現行犯逮捕した。逮捕までに購入した品物の合計金額は10500円で、消費税は1円も払っていないと思われる。

この事件に際し、日本政府は「これほどの手口を複数回に渡って実行する国民は私の友人と同じく馬鹿なやつだ。そうだ、消費税率を20%に引き上げて5円チョコにも税金をかけさせればすべて解決するのだ」と異例の緊急声明を発表した。しかし、自民党などの野党からは「そんなことをすれば、牛肉を1gずつ、更には500mgずつ購入する消費者が増えるだけだ」などと反発の声が上がっている。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ