UnNews:中国政府が鳩山元首相発言に遺憾の意

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2013年1月16日 アンサイクロメディア財団北京支部】

15日から中国を訪問している鳩山元首相が訪問先の北京で中日友好協会会長の唐家セン元外相と会談し「領土問題の存在認めるべき」と鳩山氏が主張した件について、中国政府当局が遺憾の意を表明していることが16日、分かった。胡錦濤主席の側近が明らかにした。

鳩山氏は尖閣諸島問題などで揺れる日中関係の改善のために、誰からも頼まれていないのに勝手に中国訪問を計画。日本全国から「頼むから自重してくれ」というシュプレヒコールが飛んだことを物ともせずに「招待されたから」という名目で中国訪問を強行し、「もうどうにでもな~れ」「一生中国に行ってて欲しい」「いやそれではいくら何でも中国が可哀想」と言う声が日本国内で相次いでいた。

そして中国で大方の予想通り尖閣諸島について「領土問題の存在認めるべき」という日本政府の公式見解とは異なる意向を表明したが、この鳩山発言に対して中国政府当局が「鳩山発言に失望した」と遺憾の意を表明したという。

この情報をリークした胡錦濤主席の側近によると、鳩山氏の発言を聞いた胡錦濤主席は「なんという事だ!鳩山氏は母国の日本でオオカミ少年扱いされている。彼の発言を信用する日本国民は地球上に存在しない。そのような人が『領土問題は存在している』と発言したことで、日本国内の世論は『領土問題は存在していない』で100%意識統一されていることが明らかになってしまった。むしろ逆のことを言って欲しかった」と激しく落胆したという。

さらに「この後は南京大虐殺記念館を訪問するとの話だが、そこで『南京大虐殺は存在した』と鳩山氏が発言しないことを心の底から祈っている」とも側近に対してぼやいていた模様である。

またこの発言を受けて、日本の民主党では今後の鳩山氏に対する処遇を検討中である。「一生中国に居てもらう」「尖閣諸島に送り込んで周辺地域の開発に従事させる」「2014年に第8号の打ち上げ予定の気象衛星ひまわりにくくりつけて宇宙から日本を見守ってもらう」などの案が出ているが、最初の2案は中国から「勘弁してくれ」と全力で拒否されることが予想され、3案目もただでさえハズレが多く14日の南関東大雪を豪快に外した天気予報が余計に当たらなくなることが目に見えており、民主党内部では頭を抱える幹部が続出している模様である。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

外部リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ