UnNews:オスプレイ試験飛行開始

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2012年9月21日 (金) 18:51 (JST) 配信】 2012年9月21日、米海兵隊は山口県岩国市の米軍岩国基地に駐機中の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの試験飛行を始めた。オスプレイの飛行は国内初。午前9時20分~午後6時ごろ、計7機が飛行したが、共同通信によると、少なくとも2機が山口県下関市街地上空を飛行した。

オスプレイの配備については、沖縄県、山口県より強い反発があり、野党は政府民主党の弱腰を追求し、一時は配備は絶望的とされていた。

この出口の見えない状況に、意外な所から救いの手が差し伸べられた。中国である。中国は尖閣諸島を自国の領土と強く主張し、調査船を付近に派遣するなど、日中間の緊張を大いに煽った。これにより日本の国内世論も中国に対する反発を強く深め、「中国に対抗するには、在日米軍を強化するしかない。そのためには、まずオスプレイ配備だ」と空気を一変させた。

たが、これにより中国政府の払った代償はあまりに大きかった。過激な反日デモにより、日本企業が襲撃、略奪の被害を受ける例が相次ぎ、多大な損失をもたらした。日本企業の損害は保険会社による支払いにより補填されるため、ほぼゼロに等しいが、これにより大勢の中国人が職を失う事態となった。しかも被害は、日本製品を所持する一般の中国人や、中国人の経営する日本料理店にも波及し、中国経済に与える影響は甚大なものになると思われる。「窮地に立った日本を救うため」反日デモ容認の判断を下した中国政府も、あまりの被害に堪えかねて19日には反日デモ禁止へと舵を切るに至った。

今回の件で、日本政府・民主党政権は、中国政府に対して多大な「借り」を作る事となった。この「借り」をどのような手段で返す事を迫られるのか、今後の日中関係は予断を許さない状況と言える。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ