UnNews:アンパンマンがギネス認定 「最も残虐な扱いのヒーロー」

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

幼児向けアニメの代表作として有名な「それいけ!アンパンマン」(原作:やなせたかし)の主人公アンパンマンが「世界で最も残虐な扱いを受けているヒーロー」としてギネスの認定を受けた。有名アニメに対する突然の不名誉な認定に、驚きの声が広がっている。

認定によると、アンパンマンは「助けた相手に自分の顔の一部をむしり取って食べさせる」「相手からの攻撃で体中にカビが生える」「味方からの援護で首がもげる」など、「ギャグを意図しないアニメの主人公としては、異常なまでに残虐な扱い」。なかでも自分の顔の一部を食べさせるシーンはカニバリズムを連想させるといい、発表に際してギネス・ワールド・レコーズの審査官は「あれ(アンパンマン)があと少しでも人間に近い形をしていたらと考えると、震えが止まらなかった」と語った。

「それいけ!アンパンマン」は日本テレビ系で放送中のテレビアニメ。日本では幼児向けアニメの定番として有名だが、海外においてはアンパンなどキャラクターのモチーフとなっている食べ物の知名度の低さや、自分の顔を毟るなどの行為が残虐であるとの見方から敬遠されている事はあまり知られていない。

UnNews Logo Potato (No text).png 誤報コンテスト
本項は第2回誤報コンテストに出品されました。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ