UnNews:「機密告発」は日本になじむか

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2011年2月28日配信】

8日から26日にかけて、京都大学をはじめとした日本の国公立・私立大学計4校の2011年度学力検査において、Aicezukiと名乗る人物が受験生を装って試験会場に潜入し、学力検査問題(以下、入試問題、あるいは問題)をネット上に公開した。公開した問題は、京都大学では文系数学の全問題と英語の一部の問題だという。

この事件は26日、インターネット検索エンジン「yahoo!」内のナレッジコミュニティ「yahoo!知恵袋」内に投稿された質問の中に京都大学の入試問題がちゃっかり混じっていたのをとあるネットユーザーが発見、京都大学側に通報したことで発覚した。大学側は当初、情報管理能力の不備を世間にバッシングされるのを恐れてこの情報を黙殺したが、その後、当記事の作成にかかわった自称新聞記者が情報をマスコミインターネットにリークしたことで事態が表面化。大学側は翌日に記者会見を開き、警察に被害届を提出したことを発表した。

Aicezuki氏は記者(当記事の作成に携わった、自称新聞記者)のインタビューに応じ、その手口を語ってくれた。氏はまず、標的とした大学に受験生として入り、問題用紙を首尾よく入手。その後、事前にポケット内に仕込んでおいた携帯電話によって問題文を「yahoo!知恵袋」に投稿した。その際、問題文の入力にブラインドタッチを用いていたこと、携帯電話やパソコンでの入力に適しているとされる特殊な数式を用いたこと、流失対策の不備を把握していたことなどから、今までにも数々の機密告発に携わった手錬であることが伺える。また一部の機密告発に賛同したユーザーによって、問題の回答を同知恵袋に投稿する場面も見られた。回答は、問題を見たユーザーが自力で解いたものと見られる。

更にAicezuki氏は、「大学入試の問題を当日まで開示しないのは、一部の組織による情報の寡占にあたる。自分はなすべきことをしたまで」と、自身の立場を述べた。さらに、「本当は試験の前日までに問題を入手する計画だったが、どの大学も試験当日まで問題を完成させられなかったため、当日の問題配布時に入手せざるを得なかった」と悔しさをあらわにした。一方、大学側は記者の質問に対し「現在進行中の事案につき、コメントできない」としている。

関連項目[編集]


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ