UnBooks:苦しみながら死ぬ方法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この項目では、いかにして苦しみながら命を落とすかについて説明する。いかにして苦しまずに死ぬかではない。もっとも、実際に死んでも「やんなきゃよかった」と後悔しても筆者は責任を負いかねる。

確実に死ぬ方法[編集]

首を吊る[編集]

首吊りは一見最も苦しまずに死ねる方法の様に見える。しかし実際は、首の位置が少しでもずれると縄が気道を圧迫するため、失敗した時には悶絶して死ぬ事になる。オマケに死体は悲惨な状態になる為、目撃した人に「うわあ...こいつ絶対苦しんで死んだだろ」と思わせる事ができる。

薬物注射[編集]

死刑執行などの動画を見ていると、まるで楽な死に方のように思えてくるだろう。しかし死刑執行の際は、薬物を投与する前に麻酔薬で失神させておくため、何の薬も使わずに直接毒物だけを注射するのはかなりの苦痛を伴う。一番推奨されるのは青酸カリで、摂取直後の症状として、めまい、嘔吐、激しい動悸、痙攣、呼吸困難が挙げられる。苦しみながら死にたい君にとっては夢の様な死に方になるだろう。

ナイフで体を刺す[編集]

大抵の人間は自分で自分を痛めつける行為に恐怖を感じやり損ねるため、ピタゴラ装置のような物を作る事を推奨する。天井に固定した滑車に紐を巻きつけ、その先にナイフをセットし、手に持ったもう片方の紐の先端を放すと自動的にナイフが落ちる様にしておけば完璧である。あとは横になって紐を手から放せば天国へ...おっと、これはできるだけ苦しみながら死ぬ方法だったね、済まなかった。

できるだけ死までの時間を長くするために、ナイフが太ももに刺さるようにするのがベスト。太ももに刺すことによって君自身が暴れたりする事を防げるだろうし、立とうとしても傷口が痛くて歩く事ははおろか立ち上がる事すら不可能となるだろう。更に太ももには筋肉が集中しているためそしてそのまま出血多量で...ウボァー!となる。ちなみに腕だと普通に歩けるし、腹だと苦しむ時間が短くなる。頭は言うまでもない

銃で自分自身を撃つ[編集]

大抵の人間は自分で自分を撃つ事に恐h(中略)銃の引き金に紐を巻きつけ引っ張ると弾がでr(中略)なお狙う場所は太もm(中略)頭はやはり言うまでもない

銃で頭を撃つとこうなる

死ぬまでオ○ニー[編集]

テクノブレイクでその内死ねるだろう。え?それじゃあまるでが降るまで雨乞いするのと同じじゃないかって?何を言ってんだてめぇおんどりゃぁあ

死ぬ可能性が高い方法[編集]

遭難する[編集]

海が関連しているため一見死因は溺死だと勘違いするかもしれないが、実際の死因は餓死。魚などを捕まえれば一応生き延びられる上、下手すると数週間の間孤独と空腹を感じる事になる、最も苦しい死に方。ただ、途中で船に遭遇したり、無人島に辿り着きそのまま死ぬまでココナッツを食べなければいけない可能性もあるため、あまり推奨されない。ただ放置プレイの愛好者には強く推奨される(べき)。

目を針で潰す[編集]

前述したピタゴラ装置は大きすぎて小さな針には使えないので、思い切って直接手に針を持って突き刺すように潰してみよう。なあに、痛みで悶絶している間にタンスにでも頭をぶつけるさ。

熱湯のなかに入る[編集]

風呂桶に栓をし、お湯炊きを50回程度押す。そして思い切って一気にダイブ!余りの熱さに風呂桶から飛び出す事もあるが、大抵は溺れてそのままゴボボボボ...自分の死体を五右衛門の様にしたくないのであればやらない方が無難である。

熊に襲われる[編集]

ジャングルで熊を探し、「さあ俺を食うんだ!」と大声で叫ぼう。きっと君を食べてくれるだろう。食べ残されたり体の半分を食われたところで救助されたら?ご冥福をお祈りいたします。

DHMOを摂取せずに過ごす[編集]

これを実行するにはDHMOをまったく摂取せずにいないといけない。触れるのも厳禁である。数日間そのままでいれば、あなたの体はカラッカラになり、そのうち公園の砂場の砂となるだろう。死んだ後社会に貢献でき、とてもすばらしい方法である。え?空気中にDHMOが存在するって?砂漠にでもこもってりゃ何とかなるだろう。


UnBooks.png この本「苦しみながら死ぬ方法」は、著者の情報収集能力や執筆能力が低かったこともあり完成されていません加筆して再出版してくれる人を探しています (Portal:スタブ)