UnBooks:砂時計

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

あと10分です

女はそう告げ、暗い部屋に彼を閉じ込め去っていった。

僕は目の前の光景を目にした。巨大な砂時計がある。僕はその砂時計の威圧感に押し潰されそうになった。

砂時計の砂は残り少ししか無かった。最初僕はその意味が分からなかった。しかし時間が経つにつれだんだん息苦しく感じてきた。

「まさかこれは...」

僕は顔が青くなった。恐怖による物かチアノーゼによる物かどうかは分からない。僕はなんとかその巨大な砂時計をひっくり返そうとした。

しかしピクリとも動かない。当然だろうな、高さが10メートル程あるとにかく大きい砂時計。そんな物を僕みたいなか弱い14歳の少年が動かす事は不可能だ。僕の心は次第に崩れてきた。

「じょ、冗談じゃない!」

僕はとにかく動かそうとした。しかし動かない。息がだんだん出来なくなる。僕は焦っていた。しかし僕はふと考えた。

「まさか、僕を此処に連れてきたあの女に聞けばどうにかなるんじゃないか!?」

僕は砂時計を動かす事よりも、ドアを開ける事に専念した。砂時計の砂は止まることなく落ちてゆく。僕はドアを開ける事に成功し、長い廊下を走り抜けた。

僕は女を見つけた。そして彼女の背中を掴もうとした。しかし、触れようとした瞬間、息が出来なくなり、体が急に重くなった。