ロールプレイングゲーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
RPGから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ロールプレイングゲーム」の項目を執筆しています。

ロールプレイングゲーム(role-playing game、RPG、ロープレ)とは、「世界の平和のため」などをモットーとし、世界中に散らばるフラグを立てて回る旅番組である。roll-playing game(回りながらプレイするゲーム)とも。

概略[編集]

アドルフ・ヒトラー
彼もまた、熱狂的なRPGファンであった。
彼は死ぬまで敵役でプレイし続けた。

お見合いの暇つぶしとして発達したテーブルトークRPGは、辛うじてコミュニケーションの一部であったが、その後生まれたコンピューターRPGは本当の意味での会話が一切できない世界だった。

人口の40%以上をコミュ障が占める、この小さな島国において、ロールプレイングゲームの登場人物は彼らの貴重な話し相手であり、物語の主人公となる勇者様は憧れの職業の第1位となっている[1]。画像の前でボタンを押すという体験行為を取り入れ、一歩も動くことなく世界旅行をした気分をなれるという新たな次元をRPGは開拓した。

出せば売れる入れ食い状態の販売市場のおかげで、日本製のRPGは大きく発展し、世界のRPG市場を侵食している。その一方でマンネリ化は避けられず、そのあおりを受けた古株のRPG『世界の車窓から』は放送時間の変更を余儀なくされた。

日本製のRPGの多くは、主人公の風貌が欧米人風であり、時代背景や設定も中世ヨーロッパ的なものが多かった。これは、日本人が主人公で物語の舞台も日本であれば、それは単なるサムライアクションか学園忍者ものとしてカテゴライズされる恐れがあったためである。

戦い[編集]

戦闘のすべてを数字のやり取りとすることで、武器や鎧が決して似合わぬ軟弱者でも戦う役割を担えるようになった。一方、数字や地味な勉強が大嫌いでも、武力行使が大好きな筋骨隆々の男たちは戦う役割を担えなくなった。これをRPG革命と呼ぶ。

ターンという概念が導入され、互いに1回ずつ行動するという規範が確立された。ナマケモノチーターも1ターンあたりの行動回数は平等という原則は、いかに悪平等と罵られても決して揺るがない。

一方で、現実ではあまりに残虐な行為を叙述することへの抵抗感が極度に低下し、様々な問題を巻き起こしてもいる。

問題点[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「RPG-7」の項目を執筆しています。

ファンタジックでロマンチック(Romantic)なロールプレイングゲームは、多くの犯罪を助長しかねない反社会的な内容[2]にもかかわらず、出血や性的表現が含まれないだけで全年齢対象となっている物が多い。実際は出血どころか、一発ヒットすればどうなるかはお察し下さい。

RPGは、世界中で各種犯罪行為に使用されていることが指摘されている。路上をたまたま通りかかった敵を、問答無用で不意討ちして金品を奪うというゲームスタイルは世界の政情不安な地域に広まり、多くの紛争地域でも愛用されている。主にフィールド、市街地での戦闘で取り扱われるが、海上や低高度の空中を扱う場合もある。ソヴィエト連邦では1948年から制作が始まり、特に第7作の人気が高い。2008年にヨルダンで最新作である第32作が発売された。

しかし、仲間をぞろぞろ真後ろに引き連れたまま不用意に撃つと、後ろの仲間の安全はお察し下さい。

主なRPG[編集]

※なお、任天堂ゼルダの伝説は、「アクションロールプレイング」なのでここには掲載しない。

価格交渉力[編集]

レアアイテムとはRPGにおいて主人公たちがめったに入手できないものの一つで、敵との命がけのバトルで勝ち取ったものなのだが、それを売却しても市価品の半値ならいいほう、ひどい時には1/10以下の値段でしか買い取ってもらえない。世界を救っても守銭奴の仲間がいても価格交渉は不可能である。中間搾取の酷さと搾取層の豊かな生活がうかがえる。

モンスターを狩猟する某ゲームにおいては、網にかかった魚を売る方が命がけのハンター生活よりも収入がいいので、ハンター組合は何のために存在しているのかと疑問視する声が上がっているという。

もっとも、現実世界の価格交渉と比べれば、1割以上の買値などずっとマシだが。

脚注[編集]

  1. ^ なお、多くの作品はそんな側面を隠すことで、国民的アイコンとなった。
  2. ^ 一例として、冒険者が他人の所有権を無視して家の中を探る、埋蔵アイテムを見つけるために勝手に地面を掘り返すことがある、某宗教の聖典に書かれたことにまったく従っていないモンスターが多数出現する、「ささやき-えいしょう-いのり-ねんじろ!」とすると死者が復活することがある、復活に失敗すると火葬いらずで灰になる、などがある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「RPG」の項目を執筆しています。


この項目「ロールプレイングゲーム」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)