Portal:医学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ここは医学病気に関するポータルです。現在、面白い記事を執筆、または面白い画像を提供なさって下さるビョーキ野郎方々を募集しています。


特集項目

新型コロナウイルス(severe acute respiratory syndrome coronavirus 2、SARS-CoV-2)とは、流行性感冒の一種で、人の脳内で増殖し、主にインターネット空気を通じて人から人へ伝染している感染症のことである。COVID-19(China Origin Virus Imported Dangerously since 2019)、コロナ脳、COVIDIOT(COVID+IDIOT)とも呼ばれる。被害妄想を主とした代表的な精神疾患の一つでもあり、人間や動物との直接接触で感染する場合があるとされているが、完全に隔離されている空間においてもネットかテレビから出る電磁波があれば感染することが確認されている。

2019年に確認された新型コロナウイルスの特徴として、鼻水性的接触、身体的接触、空気感染といった現実空間のほか、インターネット等のサイバー空間、更にはリア充同士の愛の空間といった、ありとあらゆる空間上で強い感染力と依存性持っていることが挙げられる…… ≫記事全文

安倍心臓を擬人化したイラスト

安倍心臓(あべしんぞう、別名:アベノハート)とは、日本における心臓の役割を持つモノ。日本の心臓人間でいうと心臓にあたり、日本の中心となる器官であることからこの名が付けられた。心停止人間が死亡するように、この安倍心臓が停止してしまうと、日本は事実上終わってしまう。まあ、止まらなくても既に終わっている国が日本であるが

この心臓は2006年に初めて脚光を浴びたのだが、大人の事情2007年に仮死状態となってしまった。最初の停止から時がたった2011年東日本大震災栄村大震災という名の心肺蘇生法により息を吹き返した安倍心臓は2012年に完全復活を遂げた。その後は2014年から3度の手術を受けている。日本学術会議の調べにより、この心臓は「アベノミクス」と呼ばれる食べ物を摂取すると活動が活発化する可能性が指摘されている。そのため、日本ではアベノミクスが活発に生産されており、この心臓が支えられてきた。なおWHO国連は「そういうグッズを生産する余力があるなら寄付してほしい」とコメントしている。2020年新型コロナウイルスの影響もあってか、この心臓は再び停止してしまい、今度こそ日本という国が終わってしまいそうになったが、スガノハートという名の人工心臓が急遽作られたため、なんとかとしての存在が断絶せずに済むことができただけでなく、医療技術立国としての威厳が内外に示された。 停止後の心臓はホルマリン漬けにされ、その心臓が安置されている衆議院予算委員会の会議室は自由民主党議員たちの尊厳を象徴する永遠の聖地となった…… ≫記事全文

新着項目

特集画像

トレンドの中心にいます
一回こうなると治らないんだよ?
冬は風邪だし、春秋は花粉症!!
君もダサイ腕を捨て、ナウイ義肢に取り変えよう

作成・加筆依頼

新規

アレルギー - 陰金 - 田虫 - 火傷 - 喘息ぜんそく) - 不眠症 - 不感症 - 胃潰瘍 - 疱瘡天然痘) - 白点病 - 頭痛 - 椎間板ヘルニアヘルニア) - イタイイタイ病 - 中耳炎 - 骨折 - 脱臼 - 捻挫突き指)- ムチウチ症外傷性頸部症候群 - 頸椎捻挫) - 筋肉痛 - 集団ストーカー - アトピー - 麻酔 - - 健康 - いびき - 心不全

加筆

エボラ出血熱 - 熱中症 - 被害妄想(根本的に記事の方向性を変えた全面改稿を望む。世界三大イタ病のうちこれだけ出遅れている)