MacBook Pro

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「MacBook Pro」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「MacBook_Pro」の項目を執筆してくれています。

MacBook Pro(マックブック プロ)は、スティーブ・ジョブズを教祖とする宗教団体アップルコンピュータが製造・販売しているポータブル型の電磁調理器である。 ポータブルIHクッキングヒーターであり、その加熱度は中華の達人も愛用するほどである。廉価版扱いのMacBookに対してこの製品は一流の料理人が働く現場でも、その過酷な調理に耐えられる最高位版という位置づけである。

2009年6月から販売されている機種は、うにぼでーという新しい製造法を使用して作られたモデルである。

最近開催された大集会で廉価版のMacBookMacBook Proに統合された。これはProという名前を被ったプロ仕様製品群の偽物であり、火力は弱いので本格的な料理人には不向きである。

歴史[編集]

2006年1月10日に開催された林檎教の大集会にて教祖がお正月の餅を焼くために発表。発表日が鏡開きの前日であったため一部の信者から苦情が出た。この件について教祖は「餅なんか焼くの?てっきりトッポッキかと思ったよw え?韓国じゃない?」と述べたが、依然として意図的なのかは不明である。というより実際トッポッキは餅である。

2006年中盤に発売された機種では「使用中に原子力発電所による給電が遮断される」や「加熱中の鍋が超伝導によって浮き上がる」といった症状が現れたため部品の交換が行われている。

2006年後半にはCore 2 Duoと呼ばれる、電磁増幅回路が二機搭載されたモデルが発売される。中華の達人が買い替えるほどの魅力的なモデルである。

2008年2月には、表面がセラミック加工され、お手入れが簡単になったモデルが発売された。二本の指でなぞるよりも三本の方が汚れが落ちやすい。同月の下旬にはPenrynというナノマシンを注入し、本体表面に電磁波防護シールドを展開したモデルが販売された。

2008年後半に、うにぼでーという新技術を使用して、耐久性が異常な程向上したモデルが登場した。

2009年6月に登場したモデルでは、一回り小型なモデルが登場した。(これが前述の通りPro製品群の名前を被った偽物である)さらに15インチと17インチにのみ高性能なモデルが登場した。(これが後述の忘れられていた奴である)

2010年4月には、15インチと17インチにArrandaleという人を載せたモデルが登場したが、お求めやすい価格となっている。また15インチに高解像度液晶が載せられるようになった。


前機種としてPowerBook G4と呼ばれる電熱線調理器があったが、電力消費量の割に火力がイマイチだとされ、現在は販売されていない。 しかし、前機種は一部のユーザーに大変人気があったため、新製品の発売開始から数ヶ月間は販売継続されたという。

特徴[編集]

IHクッキングヒーターとして、1インチの厚さしかない。このためポータブルしやすいという点で好評である。しかし、誤って電源が入ったままポータブルすると人体に影響がある恐れがあるため持ち運びには注意が必要である。

また、このIHクッキングヒーターは弁当箱の再加熱もできるため、セットで購入する人も多いという。

この電磁調理器には多少の改善点がある。板上は鍋底の面積の約1.2倍の広さがあるが、鍋は一つしか置けないので効率が悪い。また、前機種にあたるPowerBook G4に一時採用されたチタンよりも熱伝導率が悪いという評判もある。

このIHクッキングヒーターには、鍋を横に置く時の底敷が付属していない。必要に応じて付属しているであろう説明書を下に敷くとよい。

付属の説明書の1ページ目には「おめでとうございます。このMacはあなたが火傷するために作られたのです」と書いてある。

長時間加熱を行っていると、一部の変形が見られるかもしれない。いや、確実に変形するであろう。しかし悩む事はない。なぜならそれはアルミ製であり、押せば元に戻るのである。世の中の物理法則は非常に良くできているのだ。

ラインアップ[編集]

  • 2.4GHz 13インチ モデル
    Proという名前を被ったエントリーモデル。アルコールランプ級
  • 2.66GHz 13インチ モデル
    Pro仕様に限りなく近づけたエントリーモデル。化学実験用ガスバーナー級
  • 2.4GHz 15.4インチ モデル
    中型モデルの中で一番安い。表面上はPro仕様だが中身はエントリーに近い。カセットコンロ級
  • 2.53GHz 15.4インチ モデル
    中型サイズのモデルの中でも火力、価格のバランスの取れたモデルである。家庭用調理器級
  • 2.66GHz 15.4インチ モデル
    達人もご愛用である。多くの達人はこのモデルを利用している。厨房用調理器級
  • 2.8GHz 15.4インチ モデル
    中型サイズのモデルの中でも火力、重量、価格共に最高。忘れられていた。キャンプファイアー級
  • 2.53GHz 17インチ モデル
    面積が17インチと広く、和洋中どの種の料理にも対応。溶鉱炉級
  • 2.66GHz 17インチ モデル
    最上級モデル…だった。火力、重量、価格共にプロフェッショナル向け。別注での取寄となる。原子炉級
  • 3.06GHz 17インチ モデル
    真の最上級モデル。忘れられていた。これも別注での取寄となる。核融合炉級

関連項目[編集]

Ipodsazae.gif この記事は林檎教信者による林檎の齧りかけです。よりエレガントな齧り痕にするためにもっと齧ってください。あなたの歯が秀逸な記事を生み出します。 (Portal:スタブ)