MacBook Air

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
世界最薄(4mm)のMacBook Air。(真横写真)
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「MacBook Air」の項目を執筆しています。

MacBook Air(マックブック エア、マンポケーとも)は、かの宗教団体アップルコンピュータが製造・販売している鉄板である。 お好み焼き用ポータブル鉄板であり、肌身離さず持ち歩ける。両面テープやアロンアルファなどで肌に接着するのが正しい使用法(火傷に注意!)。 薄い割には天板が広くモバイルとは到底思えないほか、ドライブ非搭載、メモリの増設不可、バッテリ交換ができない、自慢バカになるなど設計ミスが多々見受けられる、アップルのクオリティの高さに驚く商品のひとつである。

特徴[編集]

鉄板中央のリンゴマークで、火加減が一応わかるようになっているが、どこかのメーカーのパクリだと囁かれている。

鉄板にしては珍しく購入時の色はシルバー。油を使わず一回火をつけただけで自分で燃え始める習性を持つほか、機械臭を含んだお好み焼きができる。冥土喫茶によくあるメニューが手軽に作れる。

自己発火の仕組みは限られた者にしか見ることができない。ネジが特殊であり、飛行石を削って特殊な形にして開けなければならないためだ。

あくまでも「鉄板」のみの販売なのでヘラは別売り。詐欺的である。買えない人は付属のCDを使用する。

この鉄板の使い方はこれだけにはとどまらず、もう一つのマックの宗教指導者であるドナルドに持たせてそこにメリケンサックを当てて遊ぶこともできる。 自分でやって自爆する者が多いため、この方法が世界標準となった。また、モバイルユースには到底使用できない上に高価なため、購入後にインターネット上や周りの人に自慢する行為がある。また、のこぎりで加工し、お弁当の仕切り代わりにしてもGood。

2010年10月に行われたイベントで通常の鉄板の他に、一回り小さい鉄板が登場した。しかし教祖Flashを嫌いになったのか、最初からFlash Playerは搭載されていないが、全機種の記録媒体にフラッシュメモリを採用した。

また、ナイフ機能も備えており、アメリカでは毎年1万人が犠牲になっている。

結局のところ、喫茶店や大学ドヤ顔したいかわいそうな人のための高価なおもちゃである。

ラインアップ(2010年10月発売モデル)[編集]

  • 11インチモデル
    • フラッシュメモリ 64GBモデル
    • フラッシュメモリ 128GBモデル
Core 2 Duo 1.4GHz搭載。新しく登場した、打倒VAIO Xな11インチモデル。64GBモデルだとiPad Wi-Fi+3G 64GBモデルに7千円足すだけで買えてしまう。
  • 13インチモデル
    • フラッシュメモリ 128GBモデル
    • フラッシュメモリ 256GBモデル
Core 2 Duo 1.83GHz搭載。SDカードスロットを搭載し、解像度が広くなったモデル。256GBモデルはなんと15万円を切っている。

全モデルにNVIDIA社製GeForce 320Mがつく。

過去のラインナップ[編集]

  • HDD 120GBモデル
Core 2 Duo 1.86GHz搭載によりインテル臭くなったモデル。
  • SSD 128GBモデル
Core 2 Duo 2.13GHz搭載。一層機械臭が強くなった特別モデル。それでも二十万円より下だが、私にください。

この両方にNVIDIA社製Geforce 9400Mがつく。

歴史[編集]

過去にMacBookと呼ばれるフライパンがあり、目玉焼きを焼ける優れモノもあったが、今回は外部の火を利用するため進化したのかがいまいち微妙なところである。

2008年6月2日、隠し機能であったケーキカッター機能が広辞苑に掲載され話題となる。

関連項目[編集]

Ipodsazae.gif この記事は林檎教信者による林檎の齧りかけです。よりエレガントな齧り痕にするためにもっと齧ってください。あなたの歯が秀逸な記事を生み出します。 (Portal:スタブ)