国鉄107系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

国鉄107系電車(こくてつ-けいでんしゃ、見かけだけの新車サンドイッチ)は、国鉄あぼーんした後にJR東によって1988年より製造が開始された魔改造車である。

両毛線用の107系100番台

開発経緯[編集]

1980年代後半、グンマーのJR線は、急行運用からリストラされた165系115系によって運転されていた。ただ、165系は急行形の価値がわからない田舎者から「2ドアで混雑する」、「乗り降りしにくい」などとケチをつけられていた。当時新米だったJRは上尾事件が再発することを恐れて仕方なしに新車をつくることにした。ただし、利用者のほとんどが田舎者やDQN学生達なので、JRは「こんなところにお金はかけたくねぇ、MOTTAINAI」と考え、製造費を徹底的にケチることにした。これが107系である。

特徴[編集]

107系は一応新車扱いではあるものの、どうみても魔改造車である。お顔は国鉄車に敬意を込めてパンダ顔にしたものの、105系や119系とは違うことを強調したっかたのか若干違う。また、先輩である211系よりも老けて見える。また、この車両は165系の部品を惜しみ無く使いまわしている。(後述)塗装は、JR西の食パンに対抗してこちらはサンドイッチにした。

部品の使いまわし[編集]

この車両の一番の見所は部品の使い回しである。極限までコストをケチるために、165系からおいしくいただける所をすべて流用した。流用箇所は

など... これだけケチっているにもかかわらず新車扱いなのだからすごい。クーラーは165系から剥ぎ取ったものをそのまま使っているために(クハだけ)クーラーファンからは人気が高い。

車内[編集]

よりによってオールロングシートである。なおこのシートは座り心地が凶悪なまでに悪いので、地元民やハイカー、18キッパーなどをいためつけている。揺れはすくないんだけどねぇ...

運用[編集]

  • 2018年3月現在では、すべての編成が長野で処刑され三途の川を渡ったか、上信電鉄の敷地でニートしている。

2017年3月まで上越線信越線吾妻線にも仕事があったが、高崎線からリストラ宣告を受けた211系がお仕事を取ってしまった。両毛線についても9月に引退し、何か心残りでもあったのか、10月上旬には臭いヲタ等をのせて今まで走ってきた路線を再度走った。また、一部の者は上信電鉄に逃亡した。さらに9月末で運用を終えた編成が運用終了からわずか3日後に上信電鉄へ逃亡を図った。あの汚い足回りはそのままで

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国鉄107系電車」の項目を執筆しています。