iPod shuffle

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ツィゴイネルワイゼン

Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

ツィゴイネルワイゼン(Zigeunerweisen)とは、絶望の果てを表現した曲である。

概要[編集]

タイトルこそ決して有名ではないかもしれないが、曲自体は割と有名である[要出典]。特に印象的すぎるイントロはかなりの知名度と思われる。

作曲者はサラサーテだが、彼は作曲者であると同時にヴァイオリン奏者としてもかなりの実力派だったようだ。その割に彼の知名度があれなのは残念だが、その影響で演奏がかなり難しくなっている。まあ、誰もが知っているイントロさえなんとかすれば、その後は適当に演奏しておけば一般人の耳くらいなら騙せるだろう。

タイトルの意味は「ロマの歌」とかそういう意味らしいのだが、大概の人はそんなこと気にしない。悲劇的な曲としか思っていない。

曲内容[編集]

第1部
超有名なソ〜ド〜レ〜ミ♭〜♪から始まる。いわゆる絶望。恋人に振られた、家が燃えた、そんなとき。
絶望で構成されているため、精神的に疲れているときに聴くと家族が絶望する恐れがあるので注意。この部分は序盤ということもあり、聴く人も興味が出る部分。
第2部
一転して穏やか…ではなく、絶望してどん底にいる気持ちを表現している。物凄く落ち込んでいることを表現するため、音量も抑えられている。
やたら長くて変化が乏しいため、最も眠くなる部分。コンサートなどではここで多くの客が睡魔の餌食となる。
実際、聴いていてもあまり楽しくないので、毎日残業に追われているような人なら寝た方が良いかもしれない。
第3部
最後の部分。いきなり音量とテンポが上がる。グースカ寝ていた人は突然の音にびっくりして跳ね起きる。
どんどんとテンポが上がっていき、曲を終える。希望の光を表現しているかと思いきや、どちらかというと何かに迫られているような感じなので、あらたな危機が迫っているものと思われる。明るい未来無し。

全体的な流れ[編集]

上のものをまとめると、「絶望→沈黙→新たな危機」という、いわゆる「泣きっ面に蜂」を表現したものと言える。この曲には救いも希望も何も無い、まさに「絶望」の二文字を表した曲である。まさに悲劇。あまりにも絶望的すぎるため、暗い日曜日並の破壊力を持っていても不思議ではない。

ただ、このような内容の曲は、一部の短調マニアにはたまらないらしい。

演奏時の注意点[編集]

上記のように人の心に大きな影響を与えかねないため、演奏時に感情移入などをすると涙が出てきたりして満足に演奏できなくなる恐れがある。演歌などでは涙が出てきて声が多少詰まっても問題無いのだが、楽器で表現するこの曲はただグダグダになるだけなので、何の意味もない。よって強靭な精神力が要求される。

特に、演奏時に何らかのトラウマを思い出すとその時の演奏はもちろん、後遺症が残って人生設計に支障をきたす恐れもあるため危険である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「IPod shuffle」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ツィゴイネルワイゼン (映画)」の項目を執筆しています。


この項目「IPod shuffle」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)