BPS バトルプログラマーシラセ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

BPS バトルプログラマーシラセは、2003年10月から放送されたAIC制作のアニメである。なお、主人公である白瀬慧の通り名でもある。

ストーリー[編集]

主人公であるバトルプログラマー白瀬が核ジャックなどのテロリストに、一人で立ち向かう話である。 彼の電脳技術は攻殻機動隊の公安九課並であり、ネットに繋がっていれば携帯電話からでも相手のコンピューターを破壊出来るほどのスキルを持つ。 しかし彼は最も親しい女性にすら自分の正体を明かしていない。 その伝説的な腕を評価され、国際的な企業や警察、軍からも依頼が舞い込むが決して金では動かず、自らの心が動かされたときのみ仕事を引き受ける・・・ その男の行動は超法規的措置という権限が国家から与えられている。

登場人物[編集]

白瀬慧(しらせ あきら)
声 - 中井和哉
主人公。詳しくは白瀬慧を参照。
天野琴恵(あまのことえ)
声 - 草薙素子
白瀬慧の電脳技の師匠。年上だが彼の姪。
尾瀬倫太郎(おぜ りんたろう)
声 - 高戸靖広
悪役要員。やたらキャラが立った容姿をもつ。
秋月郁(あきづき かおる)
声 - 家中宏
以下の台詞要員
あぁ まさかまさか、重要な仕事を依頼しようとしている相手がこのような異常性癖の持ち主だったとは
こ、子供相手に信じられん!!
俺なら断然巨乳の女、映画女優で言うとイザベル=アッジャ~ニが良いのに
しかし この男以外にこの難事件を頼める相手が他にいないのも確かだ。
事件解決のため俺はあえてあえて社会道徳をかなぐり捨てて見て見ぬフリをしなければ!!
そう、これは超法規的措置!!
俺はこの非常事態のため一人の不幸な少女の人生を敢えて敢えて見て見ぬフリをするのだ。
あぁ、最低だ最低だ・・・、俺はなんて最低な(登場ごとに変わる職業名)だ。
ふるさとの両親よ、別れた女房よ、再婚した巨乳美人妻よ
この秋月郁(かおる)の魂の選択を、笑わば笑えぇぇ!!
・・・見なかったことにしよう!  '`,、'`,、'`,、('∀`) '`,、 '`,、'`,、
天野美紗緒(あまの みさお)
声 - 福圓美里
幼女要員その壱
以下の台詞で有名
まうまう
柚木頼子(ゆのき よりこ)
声 - 折笠富美子
幼女要員その弐
やたらエロく白瀬に迫る
瓜生聖
ITmedia+D PCUSERに記事を執筆するライター
やたらとさり気なくBPSを引用する
まうまう
本編中には一度も使われていないのにこの作品を代表する存在。
多くのファンが意味を推察しようとしたが、いまだに謎のままである。
しかしながら多くの考察がなされた。その一部をここで紹介する。
  • 我思う、故にまうまう
  • 天はまうまうの上にまうまうを作らず、まうまうの下にまうまうを作らずと言へり。
  • 見ろ、人がまるでまうまうのようだ。
  • 「わたしにはまうまうがある。わたしはまうまうの正しい意味を知っている」と思って愚かな者は悩む。しかしすでに自己が自分のものではない。まして、どうしてまうまうが自分のものであろうか。どうしてまうまうの正しい意味を知っていると言えるのであろうか。
  • 正しい智慧によってまうまうして、やすらいに帰した人--そのような人の心は静かである。ことばも静かである。行いも静かである。
  • 怨みをいだいている人々のあいだにあって、怨みをいだくこと無く、われらは大いにまうまうしよう。怨みを持っている人々のあいだにあって怨むこと無く、われらは暮らしていこう。
  • 苦しみを共にするのではなく、まうまうを共にすることが友人をつくる。
  • 子貢が質問した。「生涯、行うべきものを、一言で表せましょうか?」と。老先生はお答えになられた。「それは<まうまう>だな。自分が他人から受けたくないことは他人にもしない事だ」と。
  • 朝にまうまう(の真理)を聞けたのならば、その日の夕方に死んでしまっても構わない。
  • まうまうであれ。マニアに終わるなかれ
  • まうまうを理解している人は、まうまうを好きな人にはかなわない。まうまうを好きな人は、まうまうを楽しんでいる人にはかなわない。
  • 誰かが私に、君はどういうわけでこんなみどり深い山に棲んでいるのかと尋ねる。そんな質問に私は笑っているだけだ。そんな俗人の問いかけにはおかまいなくまうまうな気持ちである。桃の花びらが水に浮かんで、はるかに奥深いところに流れてゆく。ここには人間世界とはちがった別天地があるのだ。
  • 人が訪れ、到達する場所には、かならずまうまうが存在する。
  • ぼく、まうまう(゚∀゚)
  • 「犬にも (゚∀゚)マウマウ はあるか」「無」
「まうまう」の語源は諸説あるが、
  • 白瀬慧が食料を漁る際の擬音(2006年版アメリカン・ヘリテージ・ディクショナリーによる)
  • MPSのあった土地の名から
  • 脚本家が造語した意味のない言葉
  • 番組製作者のスローガン「まだ間に合う、まだ間に合う」のバクロニム(頭文字をとって作った造語)。
  • 外に秋月郁が来た場合に「ウマ!ウマ!(外!外!)」と警戒していたことによる。「マウマウ」は「ウマ!ウマ!」の聞き違い。
  • 「Media Attachment Unit」の略称「MAU」を繰り返した語句。ネットワーク上でデータのやり取りを行う際にデジタル信号とアナログ信号の相互変換、コリジョンの監視などを行い、OSI参照モデルにおける「物理層」の役割を果たす。Ethernetで用いられる、トランシーバ(データの送受信)装置のことである。
  • ポリネシア系ハワイ語の単語であるmau (マウ)「常に、永遠に、ずっと」の意味。ポリネシア語系特有の繰り返し語で強調される。
  • マウマウ団の乱(マウマウだんのらん、英語:Mau Mau Uprising)は、イギリスの植民地だったケニア(イギリス領東アフリカ)で1952年から1960年に起こった民族主義的独立運動。ケニア最大民族であるキクユ族を中心とする人々がケニア土地自由軍を結成し、1952年から各地の白人農場、警察署、政府軍用地、親植民地派のケニア人を襲撃した。軍事的にはこの襲撃は失敗に終わったが、結果としてケニア独立を早めることとなった。イギリスはこの独立主義運動を「マウマウ(Mau Mau)」と呼んだ。
ナレーション
声 - アミバ
現代風に言う所の天の声に相当する御仁。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「BPS バトルプログラマーシラセ」の項目を執筆しています。
NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
BPS バトルプログラマーシラセの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)