3Dメガネ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は、en:3D glassesから翻訳されたものです。

3D眼鏡は、2次元の画像、文字、映像に3次元の奥行きを与えるために使用される眼鏡である。主に娯楽、特に映画に使用される。眼鏡には色の異なる2つのレンズがはめられており、一つは赤、もう一つは青である。

原理[編集]

視点の異なる2つの画像を見たとき、人間の脳内の視覚野はそれらを融合し、3次元の奥行きを持っているように見える合成画像となる。

またニーチェが言及したように、あなたが3D画像を見るとき、画像もまたあなたを見るだろう。

たとえば以下の2つの箱はあなたが3D眼鏡をかけて見たならほぼ4次元になるだろう; モニターから飛び出してきてあなたを殺すかもしれない。

     .,———————-,     .,———————-,
   /  |                    /   |   /  |                    /   |
  /   |                   /    |  /   |                   /    |
 /—+—————+    | /—+—————+    |
|     |                  |     ||     |                  |     |
|     |                  |     ||     |                  |     |
|     |                  |     ||     |                  |     |
|    +—————+—-/|    +—————+—-/
|   /                    |    /|   /                    |    /
|  /                     |   / |  /                     |   / 
 '————————-' '————————-'
+

十字に焦点を合わせなければならない。さもなければ箱は来ずあなたは食べられない。

3D眼鏡の歴史[編集]

現代の安価な3Dメガネ。

3D眼鏡の歴史は古代ギリシャの狂気の発明家・アルキメデスまで遡る。特に理由はなかったが彼は緑色を酷く嫌っており、全宇宙からそれを根絶する方法を考えていた。このために彼は視界から緑色を遮断するのみでなく装着者に全知全能を付与する大いなる破壊力を備えた恐ろしい武器の建設を開始した。

アルキメデスは彼の視界から緑色を打ち消すだろうと推測した赤と青のレンズで眼鏡を製作した。赤いレンズはルビーの石英で、青いレンズはサファイアで、フレームは子猫から作られた。しかしながら現代ではレンズはより染色されたガラスやより安価なプラスティック製が主流である。

赤と青の色が他の色と混ざり合って緑の様々な色合いを模倣するため、その眼鏡は緑色を相殺せず、また全知全能も与えないことをアルキメデスは狼狽のうちに知った。彼はしかし、いくつかの絵画が鮮やかでより生き生きとして見えたことも発見した。これが3Dメガネの原点である。

そして近年トルコの旧石器時代の遺跡から3Dメガネらしき物が見つかってる。

シアン革命[編集]

緑の党の同調者であるアルバート・ゴアが彼の映画 Forrest Gore のインパクトを増幅する方法を探していた1992年、シアン革命が起こった。彼の親友であり古代ギリシャの熱心な歴史家である毛沢東は映画を3Dメガネで鑑賞できるようにすることを提案した。

ゴアは非常に熱心に取り組んだが、緑色が歪められてしまうのでフィルム中に仕込まれたライトグリーンのサブリミナルメッセージを台無しにしてしまうと感じた。AOLの彼の友人に相談したところ、青に代えてシアンを着用すれば緑の色が歪まないことを発見した。ゴアの映画はわずかばかりの成功を収めるにとどまったが、分子をより面白く見られる退屈な理論物理学者や化学者によって広く使われ、シアンの3Dメガネの利益は「巨大」であると報告されている。

関連項目[編集]