黄砂

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「黄砂」の項目を執筆しています。

黄砂(こうさ)とは中国原産の着色料である。細かいパウダー状であるため、風に舞いやすいことが知られている。ちなみに読み方は(こうさ)であって(おうさ)ではない。だから王貞治(オウサ・ダ・ハール)とは何の関係もないのである。

概要[編集]

中国が開発した非常に低コストで生産可能な着色料であるため世界各国が注目したものの、危険物質が含まれるとして輸入禁止となり、現在日本では黄砂入りの食品は販売されていない。中国は今後の主要産業となるとして大量に生産したもののほとんど輸出が不可能となり、在庫が大量にストックされている。そのうちの3,4割がモンゴルに不法投棄されている。これらのほとんどは適切な処理もされぬままに野ざらしにされており、偏西風に乗って、韓国日本に飛来する事例が多発している。このままアメリカに飛来しても欧米のステルス戦闘機のレーダーに影響があるのかというとそれは愚問である。

また、この黄砂は黄色人種の原因ともされている。

歴史[編集]

黄砂は、1926年に中国が開発、生産したが翌年、国際連盟総会にて黄砂の危険性が訴えられために各国で輸入禁止の措置がとられた。中国では、その後も生産、一部の国に輸出をしていたが、1943年ほぼすべての国が輸入を禁止したため製造を中止、在庫についてはゴビ砂漠等に放置した。これらはその後、偏西風で日本に飛来、太平洋戦争の日本敗戦の原因の一つとして中国に謝罪を求めていたが、逆に日中戦争開戦の原因は、日本が黄砂の輸入を禁止したためだと切り返されたために政府は検閲により削除ということで決着した。

モンゴルは中国の不法投棄に関して、文句たれた所、「万里の長城は鉄壁の守り」等と無茶苦茶な論法を使用され、無視された。

影響[編集]

  • 黄砂に含まれる物によって汚染される。
  • バナナが黄色く染まる。
  • ポストが黄色く染まる。
  • 朱に交わっても黄色く染まる。
  • バンカーが広がる。
  • 土嚢の生産量が増える
  • 信号機の色が黄色く染まる為、いつまで経っても前に進めなくなる。
  • 笑点で唯一ネタを先読みされる能力が他のメンバーにも同じ効果が現れる。
  • ザ・シンプソンズの住民にはなんら影響はない

関連項目[編集]

この項目「黄砂」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)