鶴岡八幡宮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鶴岡八幡宮」の項目を執筆しています。
今でこそ、平和な空気が流れる神社であるが、建立当初は様々な検閲により削除されていた。

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)とは、源頼朝が建立の現場監督を務めた立派な神社である。計画当初は軍事施設として設計されていたが、エレガントで無い事を理由に即座に宗教施設に変更された。

建立目的[編集]

なぜ源頼朝がこの神社を建設したかというと、平氏朝廷との戦いに備えるだけでなく、平将門の亡霊からの攻撃を守る為であった。当時の将門さんの攻撃力は半端なレベルでは無く、首塚の封印をもってしても様々な邪気を発しており、沸いて出てきた妖怪など人間ではない連中がうようよ居た為でもあった。

主な仕様[編集]

ザ・鎌倉防衛システムの中枢を担うため、もっとも強力な結界を張ったりデータリンク装置を配備されてあったり、司令部としての機能を恐ろしいほど発揮する。防御装置としての人柱石清水八幡宮中の人分身を連れてくるはずだったが、何を間違えたのか中の人自身がちゃっかり来てしまった。このため、壇ノ浦からやってきた復讐者がやってきた時には、まったく役に立たずであった。セキュリティもかなり杜撰であり、三代将軍源実朝がここで暗殺された際には、刺客の侵入を易々と許してしまった。

観光名所として[編集]

戦国時代までは、一応重要拠点であったが山越えが面倒くさいのでスルーされることも多々有った。その後、江戸時代になると街道が整備された為か、聖地としての人気を博する様になり、江戸からの2泊3日での江ノ島鎌倉ツアーでの重要なスポットとされた。その為、観光客相手のお店が増え、この神社を運営する会社自身も様々な企画を出すようになった。そして現代ではエロゲ大河ドラマなどのロケ地など、レパートリーもかつて無いほど増えている。なお、境内内でのぴーは禁止である。(過去にそれをした者が、検閲により削除されてしまった為。)

関連項目[編集]


よくきたの ひゃっひゃっひゃっ、よく来たの。
天帝からの命じゃ。「鶴岡八幡宮」を秀逸な記事へと導く、執筆者を募集中じゃ。
まずは加筆を始めることじゃな。
滅ぼされし平家の恨み、忘れるで無いぞ。 (Portal:スタブ)