出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(つる)とは、捕まえると便利な鳥の事である。

概要[編集]

鶴は、捕まえるとその力を発揮し、色々な事をしてくれる鳥で捕まえたらおとなしく従う事が多い。また、逃がすととても素早く消える。一声鳴くだけであらゆる生き物を萎縮させ平伏させる程度の能力を持ち、群れで行動するが肥溜めや鶏の群れに一匹だけ混じっていたりする事もまれにだがよくあるらしい。鳥であるにも拘わらず地下の住民がよく持っている。ちなみに寿命は千年しか持たないため、コストパフォーマンスが悪い一面も持っている。

鶴の例[編集]

以下は大まかな分類である。この下に正式名称が来る。

  • 音楽鶴・・・見せた楽譜等を一発で理解しその楽譜通りに鳴いてくれる。
  • 偽造鶴・・・お役人に持って行かれそうな物を飲ませると別の形にしてはき出せる鶴。また、同じ名前の鶴ならばその形の変わった物を飲ませれば元の形に戻す事も出来る。更に、この種類には、他の鶴が飲んで形が変わった物を元に戻せるものもいる。
  • バイナリ鶴・・・あるルールに従って物を数字にして見せてくれる鶴。一見使えなさそうだが、秘密の言葉を埋め込む事も可能。
  • 悪魔の鶴…悪魔と言うからには凄い能力を持っている。間接的にしかできないことが直接できるようになるのだ。つまり囚人と壁越しにでなく直接会話できたりするのかもしれない。
  • 彦鶴を焼くのがとても上手な鶴。肥前の国で目撃情報がある。

関連項目[編集]


この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)