高齢化社会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

高齢化社会(こうれいかしゃかい)とは、構成員の平均年齢が高齢化し巣鴨のような妖怪の集う墓場と化した社会の状態である。なお本来は全人口のうち、65歳以上の高齢者が占める割合が7%以上で高齢化社会、14%以上で高齢社会、21%以上で超高齢社会と呼ばれており、現在の日本は28%で超高齢社会である(実話)。この比率は他国を圧倒して世界一である。

狭義では人間社会でみられるもののみを指すが、広義では生物・非生物を問わず、ありとあらゆるものの集団(=社会)の高齢化を示す。人間社会では、60-70歳をC級妖怪、70-80歳をB級妖怪、80-90歳をA級妖怪、90歳以上をS級妖怪と呼び、100歳を越えると妖怪長屋への入居が認められる。

人間社会の高齢化[編集]

現代の日本社会.jpg

人間社会の高齢化の主な原因として、医療技術の発展と長寿化に伴う高齢者の『少死化』と、医療技術の発展により乳幼児死亡率が低下することで子供を産まなくなる『少子化』と、医療技術の発展を一笑に伏す『笑止化』と、医療技術の発展により迅速化した被害者の身元確認を少しでも遅らせるための『小止化』と、医療技術の発展を時系列順に書き綴る『小史化』と、医療技術の発展に伴い乳幼児の治療が可能となった『(児)歯科』と、医療技術の発展に伴い煩雑化した医療事務(の主に現金受払いの手間)を簡略化する『証紙化』のうちの最初の2つが挙げられる。 この現象は日本をはじめとした先進諸国では一般的に見られるものである。

社会構成員の高齢化は以下に挙げるような種々の問題を内包している。

  • 公的年金の負担増大あるいは不払い
  • 年金不払いによる「大泣き爺」、「押しかけ婆」の増加
  • 医療費増大で生活できなくなった妖怪が「セビルマン」に変身
  • 加齢臭がマックスになった「イタチ男」の登場
  • 高価健康グッズのマルチ商法に手を染める「売り壁」
  • 設定年齢と実年齢の乖離
  • 希少化した若齢者に対する性的倒錯者の増加
    これがさらに少子化を加速させていることは言うに及ばない
  • 昔は良かった近頃の若い者は症候群の蔓延
  • 選挙権を持つ有権者のうち、高齢者が占める割合が増えるので、政治家は専ら高齢者に手厚い政治を行い、若者はただ納税ロボットとして酷使される

 非生物における高齢化社会 [編集]

人間社会の高齢化が顕著な日本においては、『MOTTAINAI』の精神が美徳とされているため、非生物集団の高齢化も問題となっている。

近年になって隆盛を見せてきた情報分野でもこの現象は観察されており、最新のOSの日本での販売不振などはその最たるものである。

関連項目[編集]


この項目「高齢化社会」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)