高慢と偏見

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高慢と偏見」の項目を執筆しています。

高慢と偏見』(こうまんとへんけん、原題:Pride and Prejudice)とは、英国ライトノベル作家であるジェーン・オースティン処女作である。コーマンと偏見と読んではいけない。処女作に反応してもいけない。ジェーン・オースティンをジェーン・雄チンと読んでもいけない。

概要[編集]

この作品は、1796年から1797年にかけて執筆されたジェーン・オースティンの代表作である。内容は「 恋 ☆ 愛 ☆ 小 ☆ 説 」以外の何物でもなく、どこかで見たような、以前読んだような、ありがちな、どこにでもある作品の元祖である。といっても、やってる内容にさほど代わりはない。

この作品が元になって、2001年、30代独身女性の映画『ブリジット・ジョーンズの日記』が作られていることからも判るように、よーは、女性強い視点で書かれた古代のライトノベルである。でも、当時の読者にバカウケしたんだから、もしかしたらライトノベルではなく本格小説・・・かもしれない。実際、『月と六ペンス』を書いたおっさんに世界十大小説のひとつだなんて持ち上げられたりもしている。

反対に、トウェインとかロレンスとかに動物的嫌悪を催すだとか悪魔も存在しないだとかメタメタに言われてたりもする。が、要するにこれは信者とアンチの言い争いであり、そういうのが出てくるくらいには人気があったってことだ。

ちなみにジェーン嬢(作品の登場人物じゃなくて作者ね)、これを書いた時で弱冠21歳。なかなか早熟というべきか、 いかにもそのくらいの年齢の女が書きそうな小説と言うべきか。

あらすじ[編集]

舞台はド田舎ロンボーン。女ばかり五人姉妹(『若草物語』を超えた!)のベネット家では、父親のベネット氏が死ねば家も土地も遠縁の男の手へと渡ってしまう。しかしベネット氏は書斎で好きな読書と思索にふけって自分が楽しんでいられればいいと我関せずの態度だが、母親のベネット夫人は娘に金持ちの婿を取って片付けてしまおうと躍起になっていた。

・・・この段階でいかず後家が中心の物語だってことがわかりますね。

そんな折、町に独身の青年資産家ビングリーが別荘を借りて越してきた。

後のストーリーは想像(妄想?)にお任せします。

登場人物[編集]

エリザベス・ベネット (Elizabeth Bennet)
主人公。五人姉妹の次女。知性と才気にあふれ、鋭い観察眼を持つと書いて、読者が自分と同一視することで現実を忘れさせてくれるありがたい存在、と読む。いわゆるツンデレ、多分金髪。てか作中でリズィと呼ばれたりエリザと呼ばれたりややこしいことこの上ないんだが。
ジェーン ・ベネット(Jane Bennet)
五人姉妹の長女。温和でお人好しな美女。およそ人を疑った事のない純粋さの持ち主。天然とも言う。通称、カモ。間違いなく黒髪ロング。
ビングリー氏 (Mr. Bingley)
ネザフィールド・パーク館に引っ越してきた独身の資産家。誠実で優しい好青年。姉と妹数人がいる。つまり、この物語の核心とと書いてトラブルメーカーと読む人物。 エロゲで言うなら主人公の友人。
ダーシー (Fitzwilliam Darcy)
ビングリーの友人で、彼と共にネザフィールドに滞在。ビングリーより容姿も財産も優れているが、気難しさと誇り高さから鼻持ちならない男と誤解されがち。本来は非常に誠実であるため、ミニにタコなんて言ったりはしない。エロゲでいうなら主人公。こいつもツンデレか?
ベネット氏 (Mr. Bennet)
五人姉妹の父。深い見識を持つが、独り書斎で楽しむ時間があればいいという「ことなかれ主義」な人物で、娘の結婚には興味なし。妻に皮肉を言うのが日課。つまり、ほぼ役立たず。
ベネット夫人 (Mrs. Bennet)
五人姉妹の母。「厚顔無恥」という形容そのままの性格。おしゃべり好き。娘の玉の輿のために命を懸けていると言っても過言ではない。日本版ウィキペディアにこう書かれている段階でどんな人間かは理解できる。あえて言うなら真のおばちゃん(ちょっと違うか)。
メアリー ・ベネット(Mary Bennet)
五人姉妹の三女。器量が良くないのを補うかの如く勉強して、教養を詰め込んでいる。そのせいか何かにつけ教養をひけらかしたり分別めいたことを口にしたがるが、中身はあまり実のあるほうではない。現実世界によくいる鼻持ちならない委員長である。
ちなみにフィクション世界において容姿がよろしくないと書かれているキャラクターが本当に不細工な顔をしていることはまず無いため、彼女だってそれなりに可愛いはずだ。比べられてるのが作品中最美少女のジェーンだし。あと間違いなく眼鏡っ娘。
キティ〔キャサリン〕 ・ベネット(Kitty〔Catherine〕 Bennet)
五人姉妹の四女。性格は明らかに母親似である。リディアに引きずられて、分別のない行動に出ることもしばしば。 名前も行動もすでに猫化していると思っていい。
リディア・ベネット (Lydia Bennet)
五人姉妹の五女。16歳。やはり母親似の性格。行動力があり、後にとんでもない事件を起こす。どこかで見たようなキャラクターだなんていってはいけない。
レディ・キャサリン(Lady Catherine)
上のキャサリンとは別人。お節介、の一言で表せる人。最後はエリザベスとダーシー氏の役に立った(英国的表現)。

映像化作品[編集]

よくある作品ゆえに幾度となく映像化されている。ネタが尽きているアメリカ映画でもしっかりパクられている。ただし、名前はプライドと偏見 (2005年)に変えられているため、あまり気づかれていない。