隔離制度

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
お前らはFOXニュースでも見ていろ
FOXニュース認定
本項の文章と内容は完全に正しい事実FOXニュースディレクター及びプロデューサーと共和党及び軍産複合体の馴れ合いで定められました。
この資料を疑った者は、合衆国愛国法により、テロリストとして国際指名手配され、グアンタナモに収容されます。
この記事は、en:Segregationから翻訳されたものです。

隔離制度(かくりせいど)とは、色の有無に基づいて洗濯物を隔離する制度である。アメリカ合衆国においては、隔離制度は南北戦争直後から開始され、1960年代半ばまで継続した。現在の西洋世界でこそ軽蔑されているものの、かつての隔離制度は全世界の人々が適用していた基準であった。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「隔離制度」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

色物の解放[編集]

アメリカ南北戦争以前には、染色された衣服は存在しなかった。色物の衣装が着用されるようになったのは、『風と共に去りぬ』期(しばしば『オズの魔法使い』中期とも呼ばれる)以降である。導入されてすぐに、色物の衣装はアメリカ合衆国北部連合で受け入れられるようになった。多くの市民が色物の着用を開始し、青色の衣装が好まれた。南部連合の市民たちはこの新習慣を非難し、拒絶した。彼らは屋外や野外での色物の着用は制限されるべきであり、それを公衆の目にさらすべきではないと信じたのである。この南北の見解の不一致により南北戦争が勃発し、青色で着飾った偏見なき北部連合市民は、黒と白に身を包んだ頑迷な南部連合市民(しばしば、彼らはグレイと呼ばれた)と戦った。

戦争が続いている間に、エイブラハム・リンカーンは南部連合が恐れていた「解放宣言」を発した。「解放宣言」により、色物は自由に合衆国市民に分配されるようになった。この時リンカーンの側に付いた南部連合の者たちは、「有色の人々」として知られる。しかしながら、多くの南部連合市民はいまだ色物の解放に反対していた。彼ら白地優位主義者達は、互いに結託して[1]クロロックス・クランとして知られる組織を結成した。クランのメンバーは純白のローブと白覆面を着込み、有色の人々を迫害し、合衆国は白地により築かれた国家であり、その方針を貫くべきであると信じ続けた。彼らは白に他の色が混ざりこむ事によって、衣装の潔白が損なわれることを恐れたのである。

隔離と平等[編集]

状況は緊迫した末に、不安定な妥協のもとに落ち着いた。白地と色物の洗濯のためには、別々の施設が設けられるようになった。さらに、色物の衣服は冷水のみで洗濯されることになっていた。この習慣は何十年も継続し、自動洗濯機とコインランドリーが導入された際には、衣服の洗濯には別々の機械が使われ、同様に別々の洗剤と漂白剤が使われた。ついに1962年、コインランドリーとドライクリーニングの事業主であった[2]ジョージ・ジェファーソンが、この隔離制度に戦いを挑んだ。ジェファーソンはこの制度により、彼が実際に必要とする数の二倍の洗濯機を購入せねばならないと訴えた。

ジェファーソンの訴えにより、白地用と色物用の選択機能が洗濯機に設けられるようになった。しかしながら、まだ色別の洗剤の問題は未解決のままであった。ジェファーソンは戦い続け、ついに勝利を収めた。彼は洗剤メーカーに白地および色物兼用の洗剤を製造させたのである。洗剤メーカーの一社アパタイド(Apartide)は、社名から“apart”(分離)という単語を取り除くために、単純にタイド(Tide)に改名した。別の洗剤メーカーはその包括性を誇示するために、自社を“All”と名付けた。

一方スポーツ業界では、大手スポーツチームが隔離制度の廃止を実験的に行っていた。メジャーリーグでは、シカゴ・ホワイトソックスボストン・レッドソックスとの合併を試みた。この結果生まれたのがペンシルバニア・ピンクソックスである。この合併は騒動を巻き起こし、メジャーリーグ界はやむを得ず再びピンクソックスを分割した。これ以来、ホワイトソックスの選手たちは将来またユニホームが染色されるのを防ぐため、黒いユニホームを着用することになった。

隔離制度の遺産[編集]

最終的には、現代のほとんどの人々が日常生活における色物の着用を歓迎するようになり、白地と色物を同じ洗濯機で、またしばしば同時に洗濯している。しかしながらクロロックス・クランは現在もなお活動を続けており、漂白剤を白地用のクロロックスと、色物用のクロロックス2に手作業で分離している。

註釈[編集]

  1. ^ クロロックス(Clorox)はアメリカの製薬会社。主力商品は洗剤。発音がクー・クラックス・クランに似ていることから、シャレとして持ち出されたと思われる。
  2. ^ アメリカのTVドラマの登場人物らしい。大統領のトーマス・ジェファーソンと同姓であることから、この偽史に登場させられたと考えられる。


Potatohead aqua.png アンサイクロペディア特集記事
本項はアンサイクロペディア英語版メインページで特集されました。