長良川鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

長良川鉄道(ながらがわてつどう)とは、美濃加茂市にある美濃もんた太田駅から、郡上市にある北濃駅を結ぶ、72.1km(約46218hyde)の鉄道。路線名自体は越美南線。電車ではなくレールバスを使用している。全部で38駅である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長良川鉄道」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「長良川鉄道」の項目を執筆しています。

自然豊かなところを走行しているので、運転手もついながら運転をしかねないが、多分しないだろう。多分

概要[編集]

「長良川鉄道」とはいうが、みのもんた(←などというものは粛清されました美濃太田駅〜美濃市駅あたりまでは、長良川に近づいていないし、朝ズバっ!の人美濃太田駅〜富加駅間の市町村、「美濃加茂市、富加町」に至っては、長良川が通っていない。これは軽い詐欺のような気もするが誰も気にしない。

しかも、長良川の源流までお伴しない。途中から長良川ちゃん?(またはくん?)と交際しておきながら、北濃で振るというのはなかなか飽き性な感じがする。まあ非生物に交際もクソもないけど

詐欺区間を抜けたうめぇ梅山駅~ホクホク北濃駅間は、ところどころ自然が豊かである。やっぱりながら運転してるんじゃねーか?なにより、観光列車まで走らせるくらいなのだから相当なものなのだろう。

車両[編集]

執筆者は車両にまったく詳しくないので、[公式サイト]を参考にします。というか他の節もウィキペディアとか見てるんだけどね

観光列車「ながら」の車両[編集]

まるでながら運転を助長するような観光列車だが、多分しないだろう。多分。

ナガラ300系 301号  
「ながら」のもり号として使用。さんが乗りそう

ナガラ300系 302号  
「ながら」のあゆ号として使用。さんっているのか?

その他の車両[編集]

ナガラ300系 201号
白の車体に青・赤の線が入っている

ナガラ300系 303号  
赤の車体

ナガラ300系 304号  
303号にゆるキャラがラッピングされている

ナガラ300系 305号  
303号・304号と大差はない

ナガラ300系 306号  
305号に八幡信用金庫のラッピングがされている

ナガラ300系 307号  
内装が特別仕様。「郡上おいでんかな号」

ナガラ500系 501号  
303号~307号の外装に青の線が入っている

ナガラ500系 502号  
501号と大佐大差はない。

ナガラ500系 503号  
201号と似ている。最も新しい車両

主要駅[編集]

みのもんた駅[編集]

駅名標の「みのもんた」。漢字の「美濃文田」は当て字。

始点。もちろん御法川法男が駅長を務めていた。しかし一回も駅長の仕事をしていない。そのため、仕方なく代理駅長が職務を行う。

美濃太茂駅[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「美濃太田駅」の項目を執筆しています。

先の駅長が息子が横領で辞任したためにネーミングライツが溶けて元に戻った。行政は美濃加茂市なので「美濃加茂農学校」から農業を広めようと白鳥な顔をした多治見市出身者が布教をし始めた。もう、それも将棋のせいで廃れてしまったが般若様が来たかは謎である。JR車両よりもこの事業者を公認にしているので、車両基地があるのにJR車両を省略したと言うウルトラCになった。やはり、ロリコンがここにもいた事が証明された。

太多線高山本線が乗り入れる駅。太多線はこの駅と、多治見市の多治見駅を結んでいるが、なぜ太多線なのかを詮索しすぎると悲惨な結末を迎えるかもしれないが、誰も気にしない

美濃太田駅などと言うものはもってのほかで、即座に検閲により削除されるか、駅長にXXXXXされる。

関駅[編集]

関市にある。関は刃物の街なので、常に駅員は刃物を携帯している。刀警備養成校で有名な「美濃関学院」の最寄り駅。

関刃物の侮辱や駅で咳をしたりすると、警察庁公認で右手に刃物を持った駅員がすぐそばに立っているだろう。その後は…お察しください。

また、長良川鉄道の本社と倉庫がある。長良川鉄道を侮辱したり、倉庫で咳をしたりすると(ry

どこかの新幹線と違って刃物許可証があれば、はさみだって車内で使える理由となっている。

美濃市駅[編集]

美濃市にある。美濃は和紙の街なので、駅名標は地元の和紙を使用している。

廃線となった名鉄美濃町線の旧美濃駅があるが、実はこの駅ではなく近くにある。しかしこの駅はもともと「美濃町駅」として開業しており、旧美濃町線と名前が被るややこしい駅である。

「和紙はやっぱり○○(←美濃和紙以外)だよね」などと言うと、和紙でが絞まっていくことになるだろう。

愛生駅[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「相生駅 (岐阜県)」の項目を執筆しています。

「愛生村」として少子化と第一次産業の対策のために農村を推進した際に設置された友人駅であったが、台風等の災害により負債家庭が増えてろくな支援策も出来なかったために廃村となり、郡上市に併合により過疎駅となり無人化された。

郡上八幡駅[編集]

郡上市にある。郡上八幡は郡上踊りの街なので、駅員は下駄を履いている。

阿波おどりのほうがすごい」などと言うと、下駄でに強烈な衝撃を受けることになるだろう。

郡上踊りを踊りながらホームに降り立つと、市から賞状を頂けるかもしれない。

美濃白鳥駅[編集]

郡上市にある。本当に美濃地方か?駅名の通り、美濃地方に属している。「奥美濃」と言い訳している位が冬季には飛騨地方の気候に化ける。

「美濃地方ではない」と言った瞬間、長良川鉄道内の全車両が突撃してきて、大惨事になるという。長良川鉄道はあくまでも美濃地方・長良共和国領内を通っている。その裏に白鳥股尾が絡んでいると言う噂がある。あくまで諸説なので過信しない様に。

主要駅の経緯[編集]

これが長良川鉄道の主要駅である。終点の北濃駅すら有人駅ではなく全38駅中5駅しか有人駅は存在しない。有人駅から無人駅に変わった駅もあり、利用回数の減少が感じられる。

みのもんた駅や、各駅の「○○すると××だろう」のネタ、法男駅長・刃物携帯・和紙の駅名標・下駄履きは嘘です。ただし、美濃白鳥駅が美濃地方であることは事実です。嘘のことを真に受けた方がいらっしゃっいましたらすいません

歴史[編集]

  • 1936年 北濃駅までが全線開通(当時は国鉄越美なん?線
  • 1950年代 全盛期。急行「おくみの」、(通ってないのに何故か)春・秋に臨時急行「みぼろ号」が走り、夏には郡上踊りの列車、冬にはスキー列車
  • 1986年 国鉄越美南線廃止。第3セクターに引き継がれ、長良川鉄道として開業

幻の越美線[編集]

本当に言いたいのは歴史でなくてこっちです。歴史も大いに関わるけれどね

当初の計画[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「越美線」の項目を執筆しています。

もともとは恐竜王国首都から、前述した美濃太田駅を結ぶ計画で進められた。長良川鉄道の国鉄時代である、「越美南線」という路線名も、越美線の南(岐阜)側ということからきている(と思う)。今は越美北線・長良川鉄道越美南線がその区間に相当し、約27kmの未開通区間を残している。

越美線分裂[編集]

1936年には越美南線側の北濃駅、1972年には越美北線側の九頭竜湖駅まで開通。あとは両方結ぶだけ・・・なのだがそれが出来なかった

国鉄越美南線は、田舎+車のダブルパンチを受けすでに赤字路線であり、1984年に廃止を承認される。もし越美線が繋がったとしても、同じ路線としてではなく、県境あたりで違う路線となるであろう。もうこの時点で、越美線計画はほぼ終了も同然

そして1986年、国鉄越美南線は廃線。ちなみに越美北線は、1987年にJRに継承。完全に越美線は分裂した

代替交通も・・・[編集]

未開通区間である、北濃駅〜九頭竜湖駅間は、JR東海バス大野線が通っていた。しかし2002年、そのバスさえも廃止。代替交通もなくなってしまった。国道で油坂峠を通っているが、自動車道が優先されるのは長良川共和国がマイカー推奨だからである。

関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「長良川鉄道」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)