金本位制

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

金本位制(きんほんいせい)は、将棋におけるローカルルールのひとつ。王将よりも金将を上位とみなすことが最大の特徴である。元は北朝鮮で行われていたものであるが、現在では主に外資系ファンドなどの社内ルールとして行われていることが多い。

ルール[編集]

駒の動きなどは通常の将棋と同じであるが、勝敗の決定方法などに違いがある。

  1. 王を取られても負けではないが、金を全て失うと負けとなる。
  2. 飛車・角行の成り金に限っては、上記の勝敗に関わる金として扱われる。それ以外の駒の成り金については、駒の動きは金と同様であっても、勝敗に関わる金としては扱われない。
  3. 銀を全て集めると、盤上の任意の自分の駒を金とすることができる。この場合の成り金は勝敗に関わる金となることはできない。

戦術[編集]

棒金
金は攻撃力が高い駒とされ、早繰り銀と組み合わせて金を増やすために飛車のにらみと合わせて周辺の歩と特攻する。金の延べ棒を手に入れるには金を失うリスクを伴うというのは現実世界と同じである。ちなみに北朝鮮でこの戦法を使うと将軍様を活躍させる名将軍扱いされるか、将軍を取られリアル処刑されるかのどちらかになる。
と金
歩兵を大量の金に換える戦術である。人材は貴重な資産ということを教え込むために開発された。こうして人を金に変えるためには相手の人材を奪い取り、邪魔な自分の歩を相手にぶつけてリストラし、相手の盤面の一部を荒らしつくして垂れ歩を垂らすなど体制作りが重要である。一度この体制を作り出したら、その地域は金の生る木として独占できる。
金矢倉囲い
二つある金を王と銀と歩と角で囲う方法である。八方に動ける王将を敵を蹴散らす闘将にすることによって鉄壁ガードで金を守る。欠点とすれば本物の金を守るために駒を盤面の片方に寄せてしまうため、相手にと金による成金天国を作られやすくなることか。これを防ぐためには残りの銀や飛車による歩や桂馬の回収作業が必要になってくるだろう。

背景[編集]

朝鮮半島においては、日本天皇のことを「天皇」ではなく「日王」と呼ぶ。これは中華思想とも関係があって奥の深い話なのだが、本稿の主旨から外れるので説明は割愛する。王制ではない北朝鮮において、王といえば一般的に日本国天皇のことを指す。しかしながら、北朝鮮において、日本国天皇よりも金正日将軍の方が上位に位置するのは当然のことであり、たとえ将棋といえど王が金より偉いなどということはまったくもって許しがたいことなのである。そのために王将より金将を重視するルール(上記の1)が行われるようになった。金が2枚ずつあるというのが、金親子を象徴しているものとして、当初は皆が競い合ってこのルールでの将棋に熱中した。

しかしながら、金以外のコマであっても成りによって金と同様に動けるようになる、さらに飛車や角行とくらべても金将はそれほど強みのある駒ではない、などの点からみて、このルールにはいささか無理があった。そのため現在は北朝鮮ではすっかり廃れている。

その後、金を金将軍としてではなく、goldもしくはmoneyとして扱うという解釈が主にアメリカネオコンの間でなされ、上記ルール2及び3を追加することで彼らの間で広まることとなった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金本位制」の項目を執筆しています。


この項目「金本位制」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)