金子一馬

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

金子 一馬 (かねこ かずま)とは、日本で最も有名な悪魔崇拝者。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金子一馬」の項目を執筆しています。

概要[編集]

1964年、金子は東京の地に生まれ落ちた。一説によればその瞬間こそが東京受胎の始まりであったとされているが定かではない。生誕より間もない頃には既に悪魔の契約書にサインをしていたとも囁かれており、のちに悪魔絵師と噂され、サタニズムに傾倒していく片鱗は幼少の頃より存在していたとされている。学業の傍らで絵画について学び、優れた美術的感覚を養うと共に悪魔学も専攻していたため、オカルティズム溢れる彼の学校生活を送っていた。それはのちにアトラスの魔王として君臨する未来を既に予見しており、社会人となる頃にはグリモワールの全てを学び終え、悪魔を使役する領域に入っていたとされる。

アトラス入社[編集]

金子は勉学を終えると、1988年に世界を支える巨人アトラースの名を冠するゲーム会社、株式会社アトラスに入社した。入社時は本性を隠しており、おとなしくえりかとさとるの夢冒険を担当していたが、金子はスタッフを洗脳しデジタル・デビル物語 女神転生IIのデザイン担当に抜擢されるように仕向けた。本来であれば初代にあたるデジタル・デビル物語 女神転生を担当したかったのだが、自身の入社時期が間に合わず断念していた。当初は本性を隠していた金子も女神転生のデザイン担当に抜擢されると同時に本性を現し、自身の傾倒したサタニズムの全てをぶつけるかのように冒涜的な悪魔たちを次々とファミリーコンピュータのロムの中に投じて行った。電子の海に悪魔を投じていく姿はデジタル・デビル・ストーリーの中島朱実が悪魔召喚プログラムを作成し現実に悪魔を召喚するシーンを再現するかのようであり、彼の投じた悪魔たちはゲームを遊ぶ子供たちの脳裏に焼き付くように残り続ける事となった。

悪魔と天使と神々[編集]

そののちも舞台を真・女神転生に移し、名だたる悪魔たちはおろか天使にさえも形を与え、その姿をプレイヤーたちに記憶させていった。そうする事によって悪魔たちは力を得て、それに応じるように金子の力は強大になっていった。アウグスティヌスが唱えた神の国の言葉を借りるとすれば、金子は悪魔の国に属するいわば悪魔の子である。しかし、それはYHWHの姿すら描き切った金子の本質では無く、天使と悪魔、そして古代イスラエルの唯一神すら描写した金子は神の国と悪魔の国のどちらでもない、または中立の存在であるというのが正しい姿である。金子の思想は既に人間の解する領域に無く、古来よりのキリスト教の主義主張を越え、あらゆる神学針の上で天使は何人踊れるかどうかなど既に些細な事であった。

遊具を媒体とした彼の計画は進行し、様々なシリーズ派生を行っていった結果日本国民の多くが悪魔や天使といった存在の姿を認知するようになった。2015年現在も金子は黒服サングラスという悪魔絵師の名にふさわしい姿で世界を闊歩し、より力を蓄えんと悪魔と天使、神々の姿を世に送り続けている。

関連項目[編集]

  • アトラス (ゲーム会社) - 一節では既に金子によって社員全てが洗脳済みであるという。
  • 女神転生 - 金子が力を得るために主な媒体となっているゲームタイトル。


ケルベロススタブ アオーン! オレサマ シッテル! 「金子一馬」マダ

カキカケ
カヒツシナイト オレサマ オマエ マルカジリ! (Portal:スタブ)