都営地下鉄三田線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「都営地下鉄三田線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東京都交通局三田線」の項目を執筆しています。

都営地下鉄三田線(とえいちかてつみたせん)は、東京都交通局(通称:イチョウの葉っぱ)が運営する地下鉄路線。 トレードカラーはブルー:BSicon TokyoMita svg.pngI。Iは「インチキ」の頭文字。この路線により多くの人々が様々な要因で騙されたことによる。もしくは沿線の「イタバシ」の頭文字。

概要[編集]

「詐欺線」の別名を持つ路線である。東武最強線西島三重子東急踏切零線とつなげる計画が立てられていたが(実際それを理由に宣伝していた)諸般の事情で計画が中止されたり、建設中も「ここは開削工法で」と言う現場監督の指示に従った作業員が地盤崩落で死亡したり、安全なはずのホームドアが、逆にそれに興味を持った子供を乗り越えさせて轢死させたりという痛ましい事件も多々あった。そのため現在はインチキの代名詞である。

何もインチキしたかったのじゃないわ。みんな、TKKやぶらんでーとやJNRのせいなのよ!

2000年に三田駅から先目黒駅まで線路を伸ばしたが、誘導電波の影響で南北線が急激に寄ってきて荒金高輪 - 目黒間が合体するというアクシデントがあった。現在もこの区間は合体したままで、東京マゾヒストイチョウの葉っぱの接する区間であることから、しばしば「23区の火薬庫」とも呼ばれる。

東急目蒲線(現・東急目黒線)直通計画には某大学が関っていた事が非常に有名で、大学全体でPRESSしていたらしい。日吉駅三田駅で乗り降りする人は大抵、教室移動の可能性が高い。しかし昼休みの時間だけではギリギリで移動できたりできなかったりする。大体、目黒線の車両の帯カラーがもうねぇ。

若い頃は他社にふられ通しの人生、もとい鉄道生であったが、最終的に東急目蒲線をパートナーにできたことは幸いだっただろう。当初計画通り池上線を選んでいたら、6両編成停車対応のため、池上線の駅の半数は統合対象とされたかもしれない。

路線[編集]

税金で勝手にWiiの宣伝をすることも。

目黒を起点として、荒金高輪で南北線と分離した後、線名の由来となった三田を経て、オナりもん元NHKヒビ割れ、女性公務員の職場としては世界一の規模を誇る江戸城大奥、古書店街神保町春日(はるひ)などを通る。日本で最も高齢化率が高い街巣鴨で山手線と交差して、板橋区に突入。志村けんは生まれていないが、車寅次郎の真実の故郷である志村坂上を過ぎると、崖の脇腹から地上に出て視界が開ける。団地の中を右往左往している間に高島平三姉妹高島平新高島平西高島平に至る。

涼宮ハルヒが生まれる前から春日(はるひ)駅は存在したが、これについて交通局は、「名前が偶然一致しただけである」と関連性を否定。ファンをがっかりさせた他、調査会が解散するに至った。

なお、西高島平から国道17号バイパスに沿って北上し、さいたま市西部まで延びる計画があったが、JNRが東北新幹線建設による騒音の代償として埼京線を建設したため、この計画は消滅した。

それ以前に、東武東上本線から二度にわたり相互乗り入れを拒否された黒歴史も忘れてはならない。

運行[編集]

6両編成の列車が日夜うごめいている。追い抜き設備がある駅は高島平のみであるため、線内は全て各駅停車で、均一時間運転が行われている。ダイヤ的には面白みに欠けるが、某路線のように優等列車通過待ちに苛立たされることなく、乗客の精神衛生は少なくともその点において良好に保たれている。ただし某路線各駅停車に比べて混雑がやや激しい。

目黒線直通列車はケイン小杉(2008年には日吉丸に延伸)までしか行けないはずだが、みなとみらい線日本ウォール街で三田線の車両を見たという証言が存在する。これに関しては、都営側が「臨時列車である」と発言したことから真実であることがわかり、同時に研究者たちから野次が飛んだ。


また、神奈川東部方面線により8両編成化される予定。

豆知識[編集]

三田線には、「西」高島平駅、「西」台駅、「西」巣鴨駅と、三つも「西」がある。さらに内幸町駅には別名「西」新橋駅という副駅名まで付けられていている。「西」という恋人がいたという説もある。ちなみに直通運転してる東急目黒線にも、「西」小山という駅がある。それに対して、「北」、「東」、「南」はひとつもない。それには何かしらの陰謀があるとされている。このことについて、ひよこ陛下は「朕は知らない。」とおっしゃった。

もっとも副駅名を含むなら御成門駅が「東」京タワー前と見なせなくもないのだが、わざわざそんなところで区切るのは無理があるだろう。

車両[編集]

自社車両[編集]

  • 都営地下鉄6300系

乗り入れ車両[編集]

  • 東急3000系
  • 東急5080系

共用区間走行車両[編集]

  • 東京メトロ9000系
  • 埼玉高速鉄道2000系

今後乗り入れるであろう車両[編集]

  • 相鉄20000系

[編集]

当路線の駅名は、高度成長期の住居表示実施のどさくさにまぎれた出鱈目な大雑把な命名が多い。

  • 目黒(I-01):山手線品川方面・田端方面、東急目黒線のりかえ。
  • 白金台(I-02):アレガネーゼの生息地。
  • 白金高輪(I-03):仮称は「清正公前」(せいしょうこうまえ)。旧都電停留所名による。正式採用されていたら今ごろは「清正公前行き」の電車が多数走っていて、熊本県民はさぞ驚くことだろう。東京地下鉄南北線赤羽岩淵方面のりかえ。
  • 三田(I-04):都営浅草線泉岳寺、西馬込方面・押上方面、京浜急行電鉄羽田空港、京急久里浜方面のりかえ。東海道本線田町駅東京方面・蒲田、小田原、熱海、焼津、藤枝、浜松、豊橋、岡崎、名古屋、大垣方面のりかえ。一世を風靡した「コピーのミタ」の三田工業(現・京セラドキュメントソリューションズ、本社は大阪市)とは本社を置いてないが、これは無関係である。
  • 芝公園(I-05):別名「増上寺」。テレビ東京開局の地。
  • 御成門(I-06):別名「とうきょうタワー前」。
  • 内幸町(I-07):受信料制度・紅白歌合戦・みんなのうた発祥の地。地上波NHK総合テレビ・Eテレ開局の地。別名「NHK前」の予定だが、渋谷移転で幻に終わった。
  • 日比谷(I-08):東京地下鉄日比谷線南千住方面・中目黒方面、東京地下鉄千代田線代々木上原方面・北綾瀬方面のりかえ。
  • 大手町(I-09):別名「江戸城大奥前」。東京地下鉄丸ノ内線池袋方面・荻窪方面、東京地下鉄東西線中野方面・西船橋方面、東京地下鉄半蔵門線渋谷(現NHK)方面・水天宮前方面のりかえ。旧・中京コカ・コーラボトリング(管轄エリアは愛知県、岐阜県、三重県)設立の地。
  • 神保町(I-10):東京地下鉄半蔵門線都営地下鉄新宿線笹塚方面・本八幡方面のりかえ。
  • 水道橋(I-11):別名「東京ドーム前先憂園」。中央本線東京方面・高尾、小淵沢、南木曽、神領、新守山方面のりかえ。
  • 春日(I-12):別名「文京区役所前」。
  • 白山(I-13)
  • 千石(I-14):別名「駕籠町」。太田胃散本社所在地。湖池屋発祥の地。
  • 巣鴨(I-15):別名「高岩寺とげぬき地蔵前」。日本鉄道豊島線池袋方面・田端方面のりかえ。江口洋介出身地。
  • 西巣鴨(I-16):別名「大台観音さざえ堂前」。都電荒川線(新庚申塚停留所)三ノ輪橋方面・早稲田方面のりかえ。都電志村線時代は、西巣鴨とは別の停留所だったが。
  • 新板橋(I-17):別名「国鉄板橋駅前」。日本鉄道品川線板橋駅に対して新しい板橋の意味。本当の新板橋は国道17号中山道、板橋区氷川町にかかる橋で、板橋区役所前駅と板橋本町駅の中間にある。SMAP稲垣吾郎出身地。
  • 板橋区役所前(I-18)
  • 板橋本町(I-19):仮称「大和町」(やまとちょう)。東武東上本線への相互乗り入れを見越して、板橋本町を採用したが…(涙)。なお駅出口は大和町と本町に設けられていて、地名としては誤っていない。
  • 本蓮沼(I-20)
  • 志村坂上(I-21):崖の上最後の駅。白塗り殿様ではなく、車寅次郎ゆかりの地。
  • 志村三丁目:(I-22):別名「志村長後」。旧志村長後町の我田引鉄運動に業を煮やした交通局が長後町の南端に駅を設置。長後一~二丁目は哀れにも地名まで奪われ、住居表示で「坂下一~三丁目」とされた。武蔵野台地成増台から崖下に転落して荒川低地に飛び出して最初の駅。郵便局とパチンコ屋にはさまれた立地。以降、高架路線が延々と続く。
  • 蓮根(I-23):レンコンが栽培されていたからではなく、志村大字上蓮沼と志村大字根葉から一文字ずつ取って明治時代に合併。当路線は住宅公団蓮根団地住民の通勤の便を図ることが当初の建設目的であった。最初の計画では当駅からまっすぐ北上して、都電志村線志村橋終点近くに車両基地と志村駅を設置するはずだった。
  • 西台:(I-24):荒川低地にある駅なのに「西台」。計画当初この地域が「志村西台町」だったため、交通局が早合点して命名。住居表示で高島平九丁目となったが、今更「東高島平」にはできないよね。車両基地は映画「新幹線大爆破」ロケ地。
  • 高島平(I-25):開業時は「志村」だった。当駅は旧赤塚村内だが、それでも「志村」。さすがに地元から苦情が相次ぎ、わずか8ヶ月で改称された。
  • 新高島平(I-26):せめて「赤塚大門にりんそう公園前」にしてほしい。
  • 西高島平(I-27):仮称「笹目橋」(ささめばし)。「高島平五丁目」説もある。

(以下、未成線)

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「都営地下鉄三田線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)