週刊金正日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


労働新聞許可
親愛なる指導者、金正恩同志は見ている。
本項の文章と内容は、完全に正しい事実として労働新聞思想委員会により認定されており、
全ての無産階級人民と朝鮮労働党員による閲覧が認可されています。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った場合は社会安全省による再教育の対象とされます。
親愛なる指導者、金正恩同志は見ている。
「これはねえ、やっぱり狂ってますよ。この週刊金正日っちゅうのは。
顔見てご覧なさい。目はつり上がってるしね。顔がぼうっと浮いているでしょう?
これ気違いの顔ですわ」
週刊金正日 について、塩爺
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「週刊金曜日」の項目を執筆しています。

週刊金正日(しゅうかんきむじょんいる)とは、自身の名を冠した商法で有名な某出版社が発行している日帝野郎の出版社株式会社金正日から発行されている政治社会環境問題を主に扱う週刊誌である。検閲により削除では『金正日』の題名で登録されている。創刊はB.C.349年頃とされるが、進歩的文化人たちの間では意見が対立し紛争が起きている。バキューン!!

かなり赤星派だという評価されることがある。

読者投稿ページでは「週刊金正日のこの記事には検閲により削除」という意見も載るので、こういうところはどこぞやの反省しない会社には見習って欲しい。

まえがき[編集]

本書には、他の「週刊○○」シリーズには見られない様々な特色・特典がある。

  • オリジナルブランド、(株)金正日からの出版
当局の検閲により削除されました
  • 読者全員サービス!XXXXXの正体、XXXXXの正体
    広告に依存しない『週刊金正日』だからこそできるタブーへの挑戦。政財界・メディアの陰で蠢く信号無視のマスゴミや巨大企業に赤信号を点灯させるのは週刊金正日だけである!

最後に、本書が諸君の勉強の一助となることを切に希望してXXXXXをおく。

この節を書いた人は当局により粛清されました

本文[編集]

この節を書いた人は当局により粛清されました

広告欄[編集]

週刊金正日図書館でも読めます。お近くの図書館に無ければ、弊社までお問い合わせください。おトクな1ヶ月単位から契約できます!!!なお中途解約しても返金には応じません。予めご了承ください。

奥附[編集]

この節を書いた人は当局により粛清されました


将軍様の肖像.jpg 偉大なる将軍様はこの記事週刊金曜日内容に満足していないことを表明し、更なる内容の充実と加筆を指導なさいました。人民はみな進んで加筆作業を進めることにより、この記事は更に良いものになることでしょう。 (Portal:スタブ)
空中浮遊.jpg 金正日は私と同盟を組んだ。八尾恵の紹介、社会主義同盟により社会主義の影響力は高くなるはずだ。
先ずやらなければならないこと、それは加筆と編集、金正日への帰依である。
さぁ、加筆するぞ北に行くぞ加筆するぞ北に行くぞ・・・
そして金正日にも帰依しろ! (Portal:スタブ)
Guortdryfy.JPG