近鉄橿原線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

近鉄橿原線(きんてつかしはらせん)とは、南都平城京と神宮こと、大和の国のど真ん中を縦に走る路線で、その間を金魚や宗教が連なる。あくまで大和の縦を走る路線だが、平安京への延長としての結び付けとして位置づけられており、一路線としては短い。ナンバリングはBで、大和八木以降の駅は当路線の番号を受け継いでいる。

路線環境[編集]

奈良橿原を結んでおり、ほぼ奈良のど真ん中を縦に走る路線で、北の路線同様、通勤・通学・観光・ビジネスを目的としてそれなりに利用者がいる。釘付けとしては大和西大寺~橿原神宮前が同区間であるが、四方から色んな路線が入り乱れており、特に北の京都とほぼ同一路線としての運行が組まれている。それに加えて平端より北は天理教がずいッと積極的に説いにきている。大阪へは八木回りと奈良回り両方とも可能だが、田原本を境に北へは奈良回りの方が早い。

種別[編集]

特急 (Super Express)[編集]

停車駅
京都線特急停車駅~大和西大寺・(西ノ京)・大和八木・橿原神宮前
神聖ニシテ侵スヘカラス

大元帥陛下如く、近鉄特急至上主義という概念は同路線も類に漏れない。居並ぶ列車をすべて待避させ、最速で走り抜ける優越感を味わえる・・・と言いたいところだが、京都線からの特急を乗り継いで利用している者は多く、同路線だけで利用する者は少ない。また北の路線と比べ本数は少なく、鹿に会うために回れひだりをされている。それでも学生が邪魔なら、大人の時間として優雅に座ってもらえるようにといった商売意欲が漂っている。 大和西大寺と橿原神宮前の間に大和八木が止まるのが大抵で、昼間は橿原線の布施版として西ノ京にも止まる。また一日数本は伊勢にも行くので、油断して居眠りしてしまうと伊勢参り然り、真珠へと行ってしまう場合がある。以前は西大寺まで奈良行きとを一緒に走っていたが、それは分解された。最近は千本桜との連絡を取ったりしている。

急行 (Express)[編集]

停車駅
京都線急行停車駅~大和西大寺・(西ノ京)・近鉄郡山・平端・田原本・大和八木以遠各駅

橿原線の主要駅に止まる生命線。というより近鉄郡山以外は乗り換えがある駅に停車すると思った方がいいだろう。同路線だと特急にはそう抜かされず、優等列車のため特急に乗れない多くの利用者の足となっている。しかし距離が短いのが災いしてか、1時間に2本と少ない(朝はまだ増発はする)。 基本京と神宮を結ぶ種別だが、一部平城京までだったりする。こちらも昼間のみ西ノ京にも停車する。一部は天理から出ているのもある。

普通(Local)[編集]

言うまでもなく各駅停車。ほとんどが4両で走り、各停止まりの駅は4両までの構造となっている。終電には天理のみ2両で走る。全種別の頭を下げていたりと扱いは最悪と思いきや急行と比べ、本数が倍なので特急を除けば、終点まで先着できてしまったりする。こちらも天理へ行くのが1時間に1本あるので、乗る行き先には十分気を付けよう。 大抵は同路線のみの運行であるが、最近は田辺や京まで足を延ばしたりとしている。

駅の説明[編集]

大和西大寺駅
ご存知多くの線路が絡まったり、かなりの数を出すカオス駅。奈良と大阪、神戸および当駅止まりの各停の列車の利用者で京都方面へは乗り換え。乗り場、行き先に気を付けないと思いがけない方面に行ってしまう。当駅から橿原線、京都方面からだと京都線の終着駅。八木方面から来た時は大抵手前で信号待ちに合ってしまう。
尼ヶ辻駅
大和西大寺の隣りの駅で奈良市の駅なのにやたらぼろく、少ない。それでも同じ市内にあるJR側の駅(京終)と比べるとマシ。
西ノ京駅
すぐ目の前に世界遺産の薬師寺、唐招提寺がある駅でよくその真横を電車が走っている。かつては各停止まりで臨時で急行のみだったが、まさかの特急停車駅にまで昇格した。ただし急行、特急とも日中のみ。そのため駅舎がどことなく古い。
九条駅
南からだと当駅から奈良市に入る。周辺に九条駅が存在するので、同じ九条駅からしたら存在感が薄い。
近鉄郡山駅
急行停車駅。ご存知金魚で有名な街。他の八木とは違い、「大和」とはつかず、近鉄表記。近くに堀に囲まれた高校やバスでデパートに、JRへも10分ほど歩くと着くので利用者も多い。構内踏切の音はかなりのクセがある。しかし、2018年の某日を境に、なんの面白みもない普通の音に交換された。
筒井駅
橿原線で唯一の高架駅。各停止まりでは一番利用者が多い。駅名通り筒井氏とゆかりのある駅。
平端駅
急行停車駅で橿原線では唯一の待避設備駅で普通列車がよく特急に抜かされている。天理へはトンネルをくぐっての乗り換え。下りも天理まで乗り入れているので、乗る電車には十分気を付けよう。天理教祭事の臨時特急で名古屋からだとかなりアクロバティックに天理線へと入線していく。橿原線でも重要な拠点だが、周りは閑静としている。
ファミリー公園前駅
駅名通り目の前に公園、プールなどが見える。かつてはプールの開業時のみの臨時扱いで各停ですら通過していた。
結崎駅
「ゆうざき」と呼ぶ。構内踏切がある。面積では狭い川西町の駅に当たる。
石見駅
特に駅回りは何もない駅。
田原本駅
急行停車駅で王子様に行くなら乗り換えだが、少し離れ入てるので一度改札を出ないといけない。
笠縫駅
どことなく駅舎がぼろい。
新ノ口駅
奈良府民で免許取得する際に、多くの人が利用したであろう駅だが、生憎各停止まり。踏切横の線路は伊勢方面の特急が通る。
大和八木駅
奈良中部のハブ駅。大阪線は乗り換え。当駅から急行は各停扱い。お互い連絡待ちでよく遅れを出している。時々大阪線ホームから特急が発車することがあるので、発車するホームは確認しよう。
八木西口駅
わずか400メートルしか離れてない。どうせなら病院近くの方がいいと陳情しているが、近鉄側はスルー。しかも隣りの駅と同駅扱いで利用者も大和八木駅に加算されているので、同駅のデータなどは存在しないが、先にできたのはこちらで宗家であり、市役所もこちらが近く、今井町として有名。踏切横の短絡線は滅多に使わず、五位堂検修車庫用で使用される。
畝傍御陵前駅
畝傍山が近くに聳え、陵も多い。近くに奈良県内の競技場が集約しているので、休暇や休日はどこかしらの学校の部活生で埋まることもある。
橿原神宮前駅
橿原線および、京都から来た列車の終着駅。ハルカスや墓、千本桜へは乗り換え。駅名通り神宮はすぐ近くである。皇族も度々巡行するので、しまかぜ入線したりすることも。前方には構内踏切があり、特急が入線したり、1番乗り場の反対側には0番線という青の交響曲や臨時列車が入線することがあるが、線路は吉野線と同じ狭軌線となっている。