豊根村

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊根村」の項目を執筆しています。

豊根村(とよねむら)は、浜松県北部に位置する、自然豊かな村の一つ。

概要[編集]

「穂国」と呼ばれた東三河で最北の村で、村内の99%以上が森林で占められる。人口は推定100人前後で、その殆どが公務員か茶臼山スキー場の関係者である。未開拓地も多く、謎の民族や猿人・原人も多く生息しており、隣接する浜松市天竜区の猿人・原人達との交流も盛んだと言われている。

猿人等も人口に数えると、人口は1,000 - 2,000人になるらしい。

財政難[編集]

茶臼山のお陰で村が成り立っており、スキーシーズンには1年の半分以上の税収があるという。しかし、近年は地球温暖化の影響で不足となり、過疎化も重なって廃村の危機に直面している。

富山村との合併の経緯[編集]

2005年11月まで日本一人口が少ないといわれる富山村という村が存在した。文化的な生活をしている人はたったの4人しか居らず、残りは全て未開拓地の原人等である。

事実上4人(一家族)しかいない為、からの援助は全てこの家族が消費していた。しかし、一家族が税金を全て私用するのはいかがな物かという批判が全国から寄せられ、豊根村と合併した。

旧富山村には電気が通っておらず、最近まで信号機すらなかったほどである。

関連項目[編集]