試運転

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「試運転」の項目を執筆しています。

「試運転」(しうんてん)とは、日本のどこかにあると言われている地名。

概要[編集]

  • 日本で鉄道に乗っていると、ごくたまに「試運転」行きの幕を掲げた車両がやってくる。また、そのときには駅の電光掲示板にも「試運転」と行先表示がされていることから、「試運転駅」という駅が日本のどこかにあると思われている。
  • 日本各地の鉄道会社の新型車が集まるので、かなり大きなターミナル駅と思われる。
  • しかし、試運転行きの列車は駅に止まってもドアは開けてくれないので、一般客が乗り込むことは出来ない。そもそも試運転に向かう本数はやたらと少ないようで、なかなかこの列車は目にすることができない。
  • また、この試運転にはどこから繋がっているのかよくわからないので、日本のどこにあるのかは不明である。
  • ちなみに、試運転行きの電車は主にその鉄道路線にもうすぐ入る予定の新型車両が使われることが多いが、稀に改造したての車両や復帰間もない車両が使われることもあり、規則性はない。
  • また、バスなどでもまれに試運転の幕を見かけることもあるので、地名であることは間違いないが、厳密な場所は分からないため、実際に行くのは困難である。「回送」と似たようなものである。

歴史[編集]

謎。

  • だが恐らく日本最初の鉄道が開通する前にはあったと思われる。

おもな施設[編集]

試運転駅
  • 日本各地の鉄道路線から最新型車両を中心に集まる大ターミナル。だがたまに古い車両が紛れ込んでくる。
  • 英語表記は「Shi-Unten」ではなくなぜか「Test Run」である。スペルミスにも程があるだろう。
試運転バス停
  • 日本各地のバスが集まるが、各地からここに来る本数は少ないので、トータルの本数は普通のバス停とほぼ同じである。
試運転港
  • 船も来ることがあるらしいが、試運転の船なんて見たことない。というわけでこの港は閑散としている。
試運転空港
  • 飛行機の試運転も見たことはない。というわけでこちらも閑散としている。

しかしこの他にどのような商業施設、建物があるのかはよくわからない。回送と並んで本当に謎に満ちた地域である。

アクセス方法[編集]

「試運転」の幕を掲げた電車・バスには基本的には乗れないので、アクセスはかなり不便である。

が、まれに新型車両の試乗会という形で「試運転行き」列車に乗車することができ、それに乗れたら「試運転」に行くことが出来ると言われている

関連項目[編集]