計画停電

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
偉大なる金正日様は東日本大地震以前から大規模な節電を推奨なさっている
アッー!電気が消えたぁぁぁぁぁぁーーーー!!!!」
計画停電 について、そこら辺の住民
「電気が切れたか。地下だから怖い。」
計画停電 について、埼玉高額鉄道
「ふざけるなよ…東電野郎!」
計画停電 について、フリーザ様
「文化大革命が起こってますよ」
計画停電 について、仙谷由人

計画停電(けいかくていでん)とは、東日本大震災による発電所の被害から東京電力が考案した、電力不足解消の苦肉の策である。計画停電といいながら、実際は極めて場当たり的な方策で、有名無実のまったく無計画な停電であることは3歳児ですら察知しているが、体面を保つ為に計画停電という名前が命名された。また計画停電の発表によって、東京電力は「計画」という単語の意味を把握していないことが露呈、エリート揃いの一流企業のメッキは一瞬ではがれてしまった。

お隣の国も秋に実施した。

概要[編集]

まずは地方ごとに記号を振り分ける。対象の記号ごとに時間帯を指定して一部地区に電力供給を停止する。 この間は水道のポンプ、信号機に至るまで機能を沈黙させる。よってライフラインが一気に二つも途絶えることになり、トイレなど水が流せないのでトイレの使用も同時に控えなければならない。これについて東京電力の社長は、エクストリーム・謝罪に参加ののち、各地域に土下座して回っている。被災地からは、主に原子力発電所が起こした不慮の事故に関する罵声をうけて土下座。被害が少ない関東では、停電による生活や仕事の不便さを罵られている。しかも津波地震による被害を受けた茨城や千葉まで停電の対象に含まれており、民草の憤怒を惹起する結果となった。

東京電力の社長については、人知を超えた災害で起きたもので、本来関係は無いが、なぜか社長が憎しみの対象になっている。

計画停電の実施区域[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

現状について[編集]

計画停電時の日本の夜景。東京電力に次いで東北電力北海道電力も実施し始めた。

現在は計画停電は無しとされているが、夏季、冬季においては消費量がかさむため、節電を呼びかけている。政府やメディアと深いパイプを持つ東京電力は彼らに泣き付いて、ACや、各種メディアによる宣伝でも節電を呼びかける活動を行い、ついにはバッテリー搭載のテレビが発売されるまでになった。しかし、手っ取り早いのはみんなでアンサイクロペディアの閲覧や編集を自粛することで電力不足は解決するはずである。

関連項目[編集]