視線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

@-ms-keyframes opacity {from {opacity:0;} to {opacity:0.03;}} @-webkit-keyframes opacity {from {opacity:0;} to {opacity:0.03;}} @-moz-keyframes opacity {from {opacity:0;} to {opacity:0.03;}} @-o-keyframes opacity {from {opacity:0;} to {opacity:0.03;}} }}

Eyes 1.jpg

視線(しせん)とは、感じるものである。

概要[編集]

人間(もっと広く言えば動物)がで物を見るとき、目から対象物に向けて視素というネオ元素が出ている。このビーム状の視素の流れを「視線」と呼ぶ。

ときに人間は後ろから誰かの視線を感じて振り返ることがある。これは肌の触覚が、視素を検知しているからに他ならない。

視線を浴びて受けた視素は、体内に取り込まれ、一定時間をかけて分解される。衆人環視からの視線を受けると緊張に耐えられないという状況がしばしばあるが(特異な例ではパニック障害)、これは大量の視素を浴びることによって体内の視素が飽和状態になり、一時的に中毒症状を起こしているものである。

照準器への応用[編集]

近年、視線を狙撃銃の照準器へ応用する研究が行われている。狙撃者が対象物を凝視することでそこに視素を集め、狙撃銃のカメラがそれを捉えて、銃口の向きを調整するのである。実現すれば、狙撃率100%の夢の狙撃銃が完成する。

アニメ作品などでは、目からビームを発するキャラクターがいる。これらは対象物を目で捉えるだけでよいため、狙撃率は100%である。何とも便利な能力である。

誰にも見られてないのに視線を感じるケース[編集]

「視線を感じる。しかし振り返ってみても誰もいない。」 そのような事は多い。これには以下の理由が考えられる。

視素放出装置を向けられている
化学的に合成された視素が機械から放出されているケースである。近年は、マイナスイオンナノイーを発生させる装置も開発されており、当然のことながら、生成した視素を放出して人口視線を作り出す装置も開発されている。恋愛シミュレーションゲームでキャラクターと視線を合わせたりして楽しむことなどへの応用が期待されている。
ほんとに誰かが視ている
ほら、あそこの影から・・・いつもあなたを・・・
が視ている
あなたのご先祖様や、あなたに取り憑いた悪霊などが・・・。飼い猫が、何も無い所を急に振り向くのは、そこにいる霊から発せられる視素を敏感に察知しているからである。