興福寺

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「興福寺」の項目を執筆しています。

興福寺(こうふくじ、Kohukuji-happyness-temple)とは、奈良公園の幸福スポットとして有名な寺院である。

概要[編集]

奈良県奈良市登大路町(のぼりおほぢ)にある南斗六聖拳の正統伝承者である法相宗の大本山であり、南都七大寺の一つとして有名である。藤原氏の祖・中臣鎌足(なかとみのかまたり)とその息子・藤原不比等(ふじわらのふひと)ゆかりの寺であり、代々武術(これが南斗六聖拳である)を継承することによって一族の健康を保ち、藤原氏の繁栄と幸福を祈願するための寺院として手厚く保護されてきた。また、その独自に開発された武術によって古代から中世にわたるまで実力でその領地を自衛していたために鎌倉室町の両幕府でさえも守護を置くことができず(追っ払われてしまうため)、租税をとることができなかった程と言われている

歴史[編集]

興福寺の創建は天智天皇8(西暦669)年、開基は藤原不比等である。当時病床にあった大化の改新の立役者・中臣鎌足の病気平癒を祈願して、その夫人である鏡大王(かがみのおおきみ)の寄進によって建築された。本尊は鎌足がいつも抱いて寝ていた美少女フィギュア……もとい釈迦三尊像としたが、これを取り返したい一心で鎌足は病床から跳ね起き、見事に病気が治ってしまった逸話が残されている。ちなみに、最初は現在の場所ではなく山階国山階(現在の京都市山科)に建てられていた(この時は山階寺(やましなでら)と呼ばれていた)のだが、後の天武天皇元(672)年に藤原京の厩坂(高市郡厩坂)に移転したため、そのまんま厩坂寺(うまやざかでら)と呼ばれるようになった。ちなみに、当時ここには酒造業者が数多く存在しており、その売り文句である「旨や酒(うまやさけ)」が訛って「厩坂」となっており、寺に入った坊主どもが「般若湯(はんにゃとう)」と称してばかり飲んだくれていたために修行にならず、和銅3(710)年の平城京遷都にともなって移転、現在地に落ち着いたのであった。

「べっ、別にアンタのためにお寺建ててあげた訳じゃないんだからねっ! あくまで一族の繁栄を祈願してのことよ? だから勘違いしないでよねっ! でも、ちょっとは心配してたんだからねっ!
興福寺 について、鏡大王

文化財[編集]

興福寺の国宝館には正倉院にもまさるとも劣らない秘宝が保管されており、一目見ただけで幸福になれるほどの眼福(がんぷく・目の保養)と評判である。しかしよく考えてみればいくらそれが歴史的価値の高い最高級の美術品であろうと、しょせんそれは他人様のもの(って言うか公共物)であり、それを手にとって存分に愛でられる訳でもなければ売り払って莫大なお金に換えることができる訳でもない、ただ見ている(見せてもらえる)だけに過ぎないのである。その現実に気づいてしまった瞬間、目の前に陳列されている数々の国宝などどうでもいい事となってしまうのであった。よって以下略……としたいところではあるが、主な宝物の紹介である。

五重塔(ごじゅうのとう)・三重塔(さんじゅうのとう)
建物自体が国宝である例は他にも東金堂(とうごんどう)と北円堂(ほくえんどう)が(同じ興福寺の敷地内に)あるが、国宝であるからと言って手を着けずに置くと木材特有の反りと狂い(要するに歪み)が出てしまい、たちまちの内に崩壊してしまうため、国宝であるにも関わらず、やむなく僧侶たちが毎日内部を歩きまわって保全に努めている。これに限らず、木造建築というものは人が使うことによって却って長く保たれるため、この手の国宝・文化財はどんどん利用すべきなのである。
梵鐘(ぼんしょう)
つまりお寺の鐘である。これまた国宝だからそっとしておきたいところだが、鐘をつかねばみんな時間が分からない。時計がもたらされた現在においても、やっぱりお昼には鐘の音が不可欠[不要出典]であるからして、これまで同様にゴンゴンついて貰うことで納得したのである。どうせ擦り減るのは半鐘よりも撞木(しゅもく・鐘を突く棒)の方が早く、向こう156年はいくら突こうが梵鐘に穴が開く事はないだろう。

お約束[編集]

興福寺と言えば奈良公園、奈良公園と言えば鹿(間違っても、君は馬の存在など二度と気にしてはならない)である。ここでかわいい動物たちとキャッキャと楽しく触れ合いたい……そんなあなたはただちに鹿せんべいを購入して、おもむろにそれを差し出すフリをして自分で食べたり(美味しくないのは仕様である)、群がってきた鹿どもに自分ごと食べられてしまうというのが通の愉しみ方である。ちなみに、友達に食べさせようと「アーン♪」しても、君の友達がそれに乗ってくれる確率は低いので注意が必要である。そして何より重要なことは、鹿はその愛らしい外見以上に兇暴だという事実である。

関連項目[編集]


Chn13051007310002-p1.jpg この項目「興福寺」は、姉歯さんがビックリしちゃうほど欠陥だらけです!警察沙汰にならない内に、震度7の地震もへっちゃらである位の耐震工事をして、「大改造!!劇的ビフォーアフター」の匠達をも魅了するように仕上げて下さい!! (Portal:スタブ)